FC2ブログ

茶室が欲しい! その2

IMG_3821.jpg

また茶室が欲しい病が進行してきました。
この本は、既存の建物を茶室に改装する場合の注意点が具体的で秀逸です。
理想を追求するとコストが跳ね上がりますので、現実路線の中でどうするか?
そのあたりが知恵の出しどころで、色々考えをめぐらすのは実に楽しい余暇の過ごし方です。

とてもいいヒントになったのは、江戸間と京間のトレードについての説明です。
江戸間サイズの既存の建物に京間の茶室を押し込むのはかなり難しい。
そこで江戸間8畳なら、京間4.5畳にして空いたスペースに床の間と水谷を新設するというアイディア。
わりと常套手段だそうですが、うちは変則7.5畳江戸間なのでその手は使えません。
やっても京間3畳台目の茶室+床の間+ゆったり目の廊下兼水谷となります。
しかしお茶は4.5畳が基本なので、教室を持ちたいときは3畳台目はあり得ません。
(註 この場合客畳は955×1685が3枚)

京間に拘らなければ、4.5畳+床の間+廊下兼水屋が可能です。
しかし、どうせ新しく茶室を設けるなら京間が欲しいところです。

何故なら道具のサイズや点前は京畳のサイズに出来ているからです。

1.構造に手を入れず京間の3畳台目にするか
2.構造に手を入れず江戸間の4.5畳にするか
3.構造に手を入れ京間の4.5畳にするか

悩ましいです・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
3.11をきっかけにリターンしました
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター