FC2ブログ

小排気量の世界がおいでおいでと言っている①

近くのバイク屋さんが、セローは225時代は良かったが250はデカくて重いと仰ってました。
参考資料「きっと、ずっと、SEROWです」セロー225からセロー250へ。セロー33年の歴史

どちらも乗ったことが無いので、へーそんなもんかと思うだけでした。
でも最近になって、これは含蓄のある意見だなと気付きました。

そう言えば昔は、トレールモデルの250フルサイズは重いからちょっとな~という認識だったかと記憶しています。

2スト90のHT90に乗っていたころ(高校生)ハスラー250に乗ってみたら、重いし動きが緩慢で(ステダン付きでした)、あまり良いとは思えませんでした。
借り物だから緊張感もあったでしょうが、乗っていて楽しく感じられませんでした。
FS1というヤマハの2スト50のロードスポーツは頼りないほど細い車体とタイヤでしたが、
ただその辺を一回りするだけで楽しくて楽しくて。

だからなのか私にとって小さく軽いバイクの自由自在感って、ティーンエージャーで初めてバイクに触れたときの瑞々しい記憶を呼び覚ましてくれるのです。
50のスーパーカブだって、人間の能力を大きく拡大してくれる素晴らしい機械だなと感激したものでした。

ハスラー400なんて化け物みたいな印象でしたし、XT500は限られた人のものと思っていたものでした。

最近国内メーカーが小排気量モデルを充実させてきたのは、とても嬉しいことです。

先日カフェザザで遭遇したご夫妻は、町田市から郡山市磐梯熱海までの300km以上をタンデムしてこられたそうですが、トリシティー155だったので驚きました。
最新の小排気量車は、能力も相当高いようです。

それでも未練に想うのは、二輪から離れていた時代のバイクたち。
モノサスのDT125SDR200、FTR、ランツァ。

乗っておきたかった・・・
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
3.11をきっかけにリターンしました
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター