FC2ブログ

O先輩の(お茶の)稽古場を訪ねる

O先輩は古希を過ぎてなお意気軒高。仕事もあり日々忙しく飛び回っておられます。
それでも某アパートの一軒を稽古場として開放し、慕って来る老若男女問わず茶道の手解きを、無料でされています。
小学生もいるようで、ボランティアで情操教育をしているようなものです。
DSCN5164 (1024x764)

素の稽古場で毎月一回、第一日曜日に月釜を設けることにされたそうで。
日曜日には所用で行けなかったのですが、後見においでと誘っていただき、家内とお邪魔した次第です。
DSCN5160 (1024x768)
待合掛は太田垣蓮月画賛。
DSCN5163 (1024x670)
薄茶席。赤楽の火入は9代了入。
DSCN5165 (754x1024)
写真が前後しましたが、掛け軸は服部道知筆一行 「不点茶点心」
DSCN5168 (1024x747)
個性的な鉄やつれ百合風炉は初代畠春斎。釜は二代春斎。中の五徳が三代春斎。
DSCN5169 (731x1024)
立礼席もあり。本来は立ったまま拝見すべきところですが、家内は自然に手を衝きました。

お菓子は自家製の胡麻豆腐。舌触り滑らかで驚きました。生の胡麻を擂って搾って葛で繋いだそうな。
お忙しいのによくそんな時間がありましたね。

静かな浮世離れしたひと時は一時間半ほどでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター