GSR250S 速度表示誤差についての一考察

『U4』という雑誌記事に、GSR250Sの速度計誤差は12%過大表示というのがありました。
計測方法は高速でGPSで補正したようです。
GPSで100km/h表示の時、GSR250Sのメーターは上で112km/hだというのです。
GSRのスピードメーターで100km/hのとき、エンジン回転数が約7400回転とのことでした。

自分でキロポストで距離計の誤差を計測したところ、1.5%過大表示。
GSR250Sのメーターはかなり正確な印象がありました。
(キロポストで40km進んだところでトリップメーターは40.6kmを示していました)

どうも速度計だけが12%も過大表示というのは、腑に落ちません。

先日es335yyさんと走った時高速に乗り、100km/hで巡行しましたが、
トレーサーのメーターではもっと出ていたとのことでした。
このことからもGSR250のスピードメーターは、少なくともトレーサーより渋いはず。

素人が速度を実測するのは無理ですが、SUZUKIが公開している諸元から1000回転当たりの速度を計算することはできます。
リアタイヤの回転数にリアタイヤの外周距離を乗じればいいわけです。
(GSR250の速度計はドライブスプロケット同軸のセンサーから拾っています)
リヤタイヤの直径はIRCのデータから626mm。一回転で1.967m進みます。
GSR250Sの一次減速比3.238
二次減速比3.285
6速0.807

エンジン一万回転(毎分)ですと137.5km/hという計算になります。
1Gでタイヤはつぶれますが、高速では膨張しますので、外径は変わらないものと、または無視できる程度と判断します。
リミッターがあるかどうか確認してませんが、レッドゾーンの11000回転で151.3km/h。これがGSR250Sの計算上の最高速度。

また100km/h巡行時のエンジン回転数は、7273回転。
自分で確認したメーター上100km/h時の回転数は7450回転。
計算上102.4km/hだったことになります。
つまりGSR250Sの速度計誤差は2.4%過小表示。実測の方が速いという計算結果になりました。

どうせメーターが甘いと思って速度オーバーも気にしませんでしたが、これからはネズミ捕りに注意せねば。

素人なので計算根拠に誤りがあるかもしれません。
ご存知の方がおいででしたらご教授願いたく思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (2)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター