FC2ブログ

小排気量の魅力---その6

小排気量って何㏄まで?
昔なら125まででした。原動機付自転車ですからね。
250と350は中間排気量。(ここにCB72という名車がいますね)
500と650は大排気量。(T500とかW1なんか迫力ありましたから)
750・・・化け物。
1000?見たことない。

それが今では750なんて中間排気量。1000超えないと大型って気分じゃないのか・・・
リッターオーバーが初めてのバイク、とかあるんですね~
びっくり。

となると、今は250までが小排気量ですかね。
その250ですら、特にオフ車だと昔は大きすぎると思ってました。フルサイズとか言って。

200DUKEに乗ってみて、一般道ならパワー不足を感じたことはほとんどありません。
山道の登りで追い越し、というシチュエーションだけが若干力不足かなと。
じゃ250ならとなりますが、シングルではちょっと重ったるい。音と振動もある。
だからと言ってツインでは線が細い。パンチがない。

シングルエンジンは250のちょっと手前、200~225あたりまでが良いんじゃないだろうか?
(因みに225は意味深な数値で、ツインで450、トリプルで675、4発で900。)
下は125だとパンチがないので150以上。

結論。
元気に気持ちよく走りたいなら、気筒あたり150~225
ツインなら300~450
300ツインが小排気量の上限


独断と偏見で、そういうことにさせていただきましたヘ(>∀<*)ノ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター