終のバイク探し---煩悩編

終バイク探しも結局のところ、『惚れたバイクに飛びつくべき』だと悟ったわけでしたが・・・

自分がいかに惚れっぽいか、思い知らされます (*´∀`*)♡♡♡

次々と魅力的なコが登場するんですよね~

自分に甲斐性があればtracerを本妻に1号2号3号・・・

・・・コホン

MT09 Tracer

BOLT-C Spec

CRF250Rally

インディアン・スカウト

とかって思っていたら

BOLT-C Spec のヨーロッパ向けが出まして
2015-Yamaha-XV950CR-EU-Glacier-Blue-Action-005 (1280x959)
XV950Racerですと?
2015-Yamaha-XV950CR-EU-Glacier-Blue-Studio-005 (1280x959)
美しい後姿ですこと
2015-Yamaha-XV950CR-EU-Glacier-Blue-Studio-002 (1280x959)
既出のC-Specと比べてみると
feature01_001.jpg
ビキニカウル・シングルシート風カバー・ゼッケンプレートだけの違いのようですが、なんだか垢抜けたような気がします。

そのうえバンコクモーターショーにこんなのが登場とか
03genx_img102 (640x480)
03GEN-X
03genx_img103 (640x428)
レトロテイスト・マルチホイール・スクランブラーと相容れない要素を一つに纏めた手腕は、流石ヤマハデザインと感動しました。
03GEN-xのテーマはクロス。
「Scrambler※というクラシックなカルチャー」と
「最先端のリーニングマルチホイール(LMW)構造」をクロスさせた
タイムレスなデザインとしました。
第3の移動体というLMWの本質的価値であるフレームを大胆に見せ、
本物感あふれる質感を加えています。
※かつて未舗装路が殆どであった時代に、
未舗装路や舗装路を走行するモデルをScramblerと呼んだ。

※オフィシャルサイトより抜粋
03genx_img104 (640x423)
楽器屋さんのデザインテイストもヤマハならではの個性。
03genx_img105 (640x640)
フロントセクションはトリシティーと同じもののように見えます。
03genx_top (640x640)
ブラフシューペリアなど最近のヨーロッパで見られる戦前のデザインテイストで、とても大人っぽくてオモチャ臭さから脱しています。

これには参りました。
怒涛のヤマハ、目が離せません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/

終のバイク探し---煩悩編 - motoマジマンdiary

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分の終のバイクを考えてみた。

いまの隼が終のバイクにならないならば・・・はてなんだろう?

世界最速のマシンに還暦を過ぎてもしがみついて乗っているだろうか?
でも、今の時点で手放すなんてことは考えられない。
でも、いつかその日がやって来るであとうことは考えれなくもない。
きっと、そのとき、隼に代わって手元にやって来るバイク、きっとそれが自分の
終のバイクなのではないか?と思う。

その日がいつなのか? それは自分もわかりませんがねぇ?!

Re: No title

sueさん

もし終のバイクが隼だったら、カッコいいですね~

世界最速のメガスポーツなのに乗りやすい隼ですから、体格が良くて長年乗り続けている人なら、アリだと思います。
sueさんはいけるんじゃないですか。 (*´∀`)b

さすがにYAMAHA

03GEN-X、面白いですね。
期待していた方向に進んでいます。
でも、タイヤから、ライダーの膝にまっすぐに泥が飛んできそうです。
個人的には、もう少しフレームサイズを大きくしてほしいですね。
今後を期待しちゃいます。

Re: さすがにYAMAHA

mistyhillさん

これに野点セットを積んで、林道ツーリングやりたい!
県内全林道制覇、とか楽しそう・・・ (≧▽≦)
検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (2)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター