FC2ブログ

Ducati Scrambler のお値段

DUCATI JAPANのサイトがやる気満々w

ガンガン攻めるぜって熱が感じられます。
スクランブラーのお値段がまた、丁度いい感じに設定されていて感心しました。

メーカー希望小売価格(税込)
・ICON (レッド): ¥999,500 (2015年5月導入予定)
・ICON (イエロー): ¥1,014,500 (2015年5月導入予定)
・URBAN ENDURO: ¥1,199,500 (2015年5月導入予定)
・FULL THROTTLE:  ¥1,199,500 (2015年5月導入予定)
・CLASSIC:       ¥1,199,500 (2015年5月導入予定)

以下備忘録として細々と・・・
値段まで考えると、やはりアイコンのイエローかな~ ( ̄▽ ̄) (幸福な妄想モード)

形式 L型2気筒 2バルブ デスモドロミック 空冷
排気量 803 cc
ボアxストローク 88 x 66 mm
圧縮比 11:1
最高出力 72 hp (54 kW) @ 8,250 rpm (日本仕様)
最大トルク 67 Nm (6.8 kgm) @ 5,750 rpm (日本仕様)
燃料供給システム 電子制御燃料噴射、50mm径スロットルボディー
エグゾースト ステンレスエグゾーストシステム、アルミニウム製サイレンサーカバー、触媒コンバーター、O2センサーx2
規制 ユーロ3


このエンジンはモンスター796のお下がりでしょう。低価格実現の立役者ですね。
でも熟成されたシンプルなエンジンはトラブルも出尽くしているでしょうから、ユーザーフレンドリーで好ましい。
オーナーの財布にも優しいんじゃないかと期待します。

ギアボックス 6速
減速比 1速 2.461、2速 1.666、3速 1.333、4速 1.130、5速 1.000、6速 0.923 
1次減速比 ストレートカットギア 1.85:1
最終減速比 チェーン:フロント15T、リア46T
クラッチ APTC 湿式多板 ワイヤ式


ミッションのカバレッジレシオは2.666。普通です。
クラッチはワイヤー式。別に問題無し。この手のバイクはシンプルが一番。

フレーム トレリスフレーム
フロントサスペンション カヤバ製41mm径倒立フォーク
フロントホイールトラベル 150 mm
フロントホイール 軽合金10本スポーク、3.00x18
フロントタイヤ ピレリ製MT 60 RS 110/80 ZR18
リアサスペンション カヤバ製プリロードアジャスタブル・リアショック
リアホイールトラベル 150 mm
リアホイール 軽合金10本スポーク、5.50x17
リアタイヤ ピレリ製MT 60 RS 180/55 ZR17
フロントブレーキ 330mm径ディスク、4ピストンラジアルマウントキャリパー、ABS標準装備
リアグレーキ 245mm径ディスク、1ピストンフローティングキャリパー、ABS標準装備


ドゥカティーならではのトレリスフレームが嬉しい。
前後のホイールトラベルが150mm確保されているのも、良心的。サスペンション調整機構はリヤのプリロードのみ。これでいいでしょう、スクランブラーは。
前輪18インチってのもいい着地点を見つけたんじゃないかと思います。19じゃ大きいし17じゃスクランブラーを名乗れないし。
それでいて倒立フォークやラジアルマウントディスクブレーキなど、今や必需品のスペックを確保しています。
ピレリMT60RSというタイヤはトレッドパターンがカッコいい。200dukeサイズが出ればいいのに。

ホイールベース 1.445 mm
キャスター角 24°
トレール 112 mm
ステアリング切れ角 35°
燃料タンク容量 13.5リットル
車両乾燥重量 170 kg
車両重量* 186 kg
シート高 790mm、ローシート 770mm(オプション)
全高 1.150mm(ブレーキリザーバーを含む)
全幅 845mm(ミラーを含む)
全長 2.100 - 2.165 mm
バージョン ビポスト


キャスター24°はまた、ずいぶん立ってますね。ドゥカティーらしいと言えばらしいですが、大丈夫なんでしょうか?偶然ですがYAMAHA TRACERと同値です。両車とも、舗装路での鋭い走りを捨てていないところが似た者通しw・・・なのかな?
Vツインなのでホイールベースはあまり短くありませんが、全体にはコンパクトで軽いですね。トライアンフのスクランブラーは230kg(装備)もあります。ホイールトラベルは前120mm・後106mm。ドゥカティースクランブラーには付いていけないでしょう。
シート高が嬉しい790mm。ローシートは要らない。厚みもあって座り心地よさそう。
燃料タンクの13.5リットルは小さいけれども、デザインも考えると仕方ないか・・・

標準装備 取り外し可能なアルミニウム製サイドパネル付スチールタンク、ガラス製レンズ・ヘッドライト、取り外し可能なアルミニウム製カバー付LEDガイドライト、LED拡散光テールライト、取り外し可能なアルミニウム製カバー付LCDインストルメントパネル、機械仕上げアルミニウム製タイミングベルトカバー、フロントホイール:18インチ、リアホイール:17インチ、シート下収納(USBソケット付き)

ガラス製レンズ・ヘッドライト?この時代に珍しいこと。(゜o゜)
取り外し可能なアルミニウム製カバーって意味わからず。

ducati20scrambler20icon20152002.jpg
2015-Ducati-Scrambler-Urban-Enduro-4.jpg

荷物は何処に積むんだろう?とか、突っ込みどころもありますが、魅力的なバイクですね。
国産と変わらない値段で出てきてくれたことが嬉しいです。(^^)v
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
3.11をきっかけにリターンしました
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター