FC2ブログ

YAMAHA PES1 PED1市販化?

ヤマハ「セクシー」なEV市販化へ ←WIREDの記事より

BOLTがデザインでスポスタシリーズに負けていると言ってしまったので、YAMAHAの名誉のために。

こういう新しい乗り物となると、伝統が無くとも勝負できます。
私の好みですが、ハーレーのEVよりいいと思います。商品企画としてもデザインも。
YAMAHAの電子バイオリンみたいな、繊細で知的なところが素晴らしい!
ハーレーのデザイナーには、こういうデザインは出来ないでしょう。 

本当に市販されたら、セカンドバイクの理想かも知れません。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

どのクラスが売れ筋になるか?

低迷する国内バイク市場の中で、
ひとり、気を吐いているヤマハの姿勢には、頭が下がります。

このバイクは魅力ですが、国内の市場は縮小傾向が収まり、
少しだけ拡大傾向にある今、
電動バイクの売れ筋はどこにあるのでしょうか?
ヤマハも考えていることと思いますが、
航続距離の短さは致命的で、
まずは、これまで以上にスクーター市場で、
その傾向を探るのではないかと思っています。

もともと軽量なバイクは燃費面で、4輪車よりは優位ですから、
高い対価とも思われる電動バイクが売れるかどうかは、厳しい現状だと思われます。

まあ、個人的には、静かで速い電動バイクには、多いに魅力を感じますけどね。

Re: どのクラスが売れ筋になるか?

mistyhillさん

こういうバイク談義、大好物なんです。( ^ω^ )
電動バイクの弱点はまず航続距離、として…
短距離ランナーというと、配達用・コミューター・カフェレーサー・オフローダー・ファンバイクあたりでしょうかね。
台数稼げるのは配達用と通勤通学用。値段が取れるのはカフェレーサー。マニア受けならオフ車とファンバイクってとこですか。
EVトリッカーなんても良さそです、個人的には。そう言えばKTMの電スクはどうなったんでしょうね?

バッテリーの小型化が鍵

やはり、バッテリーの小型化が鍵ですかね。
リチウム電池のさらなる安全性向上が最優先ですし、
コスト面で、安価になることも必要です。

相反するものとして、重いバッテリーを多く積んだ重量級バイクも
ありかなって思います。

そういう流れで捉えると、ハーレーの提案は現実味があります。
大トルクの電動バイクは、めちゃくちゃ強烈な加速をするでしょうね。
航続距離は最低でも300kmあれば文句なしです。

私が求めるのは、電動よりも、小型エンジンに過給機を付けることです。
250ccにターボを付けて、トルクが5kgf・mくらいあったら、
燃費も伸びるだろうし、もうそれだけで十分です。

過給機を付けることは無理な話でしょうか?

Re: バッテリーの小型化が鍵

mistyhillさん

東芝のSCiB(リチウムイオン電池)がかなり良いようですね。
ただリチウム調達が課題ですねー

電池はどこにでも自由に積めるので、重くても操作性に悪影響与えない方法もあるでしょうし。
おっしゃる通り重さを魅力にする手もアリだと思います。電動の利点で、バックが簡単に出来るし(笑)
車重400㎏以上なんてのが、現実にありますしね。シートが低くてバックできれば、結構実用的かも。
ジャイロ内臓で倒れないバイクってのも、ユーチューブでみました。ホントに2輪で自立していて、蹴飛ばしても倒れないんですよね。これも電動なら可能性大です。
ハブモーターで2駆も簡単に造れるし。EVは発展性が色々ありますね。
いずれそういうのが、NM4みたいなデザインで出てくるんじゃないかと。

> 私が求めるのは、電動よりも、小型エンジンに過給機を付けることです。
> 250ccにターボを付けて、トルクが5kgf・mくらいあったら、
> 燃費も伸びるだろうし、もうそれだけで十分です。

過去にもいくつか過給バイクが出ましたが全部ディスコン。何故なんでしょう?
コストとドライバビリティーでしょうかね。バイクって車よりはるかに繊細な乗り物で、ほんの僅かな違和感でも、敏感に感じ取れますから。騒音対策も、剥き出しでは難しいでしょうし。システム全体では、結構嵩張るのも難点なのかな?

それより抜本的解決策があります。バイオ燃料です。筑波大学で研究中の『オーランチオキトリウム』という動物性の藻類は体内に油をためるんですが、石油そっくりの分子構造なので精製するとガソリン・軽油・重油・ナフサが出来るようです。有機分解で出る炭酸ガスを体内に油として蓄えてくれるので、炭素フリーということになります。試算では、日本中の休耕田をプラント化すると、年間石油消費量すべて賄ってなお余剰が出るとか。原料は汚水なので環境対策としても良いし、新しい産業=雇用の創出にもなるし、貿易赤字の解消にもなるし、単純に1㍑幾らのコストの話じゃない、一石数鳥のすごいポテンシャルです。

そうなんですよね

そうなんですよね,
過給器を付けると,部品点数が大幅に増えるのがネックで・・・

確かにバイオ燃料は,無限の可能性を秘めています。
でも,安価で軽量小型化を求められるバイク用のエンジンに,
その回答があり得るかどうかですよね。

仮にエンジンを開発したとしても,
4輪車と違って,大量販売のないバイクの世界で,
開発費をペイするだけの販売が可能になるか・・・ですし。

そうなると,コスト的に安価になる電動を,
今ならプレミアム価格で販売できると踏んで,
メーカーは世に送り出してくるか・・・

まあ,おそらくは,電動が出てくるのでしょうね。

ん?御在宅ですか(^^)/

mistyhillさん
そちらは雨のようですね。
こちらはまだ曇りですが、明日は雨の予報です。エンジンオイル交換やら、タイヤの皮むきやら予定してたのに
(≧◇≦)

ひょっとして終のバイクがEVになったりして(笑)
それでも良いですけどね、カッコ良ければ。いやむしろ、興味津々です。きっとどこかが爺さん向きのEV出してくれるでしょう (^^)v
検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
3.11をきっかけにリターンしました
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター