東京モーターサイクルショー2014 HONDA NM4編

3/28、急に東京行きの用事が出来たのでビッグサイトに立ち寄りました。
自分の中ではこちらがメイン行事かもしれませんw

まずホンダから、話題のNM4。

東京モーターサイクルショー2014 064

注目度が高くて人だかりが途切れず、なかなか近付けません。w
そのために生まれてきたモデルなんでしょうから、ちゃんと仕事してるってことですね。

東京モーターサイクルショー2014 055

仕方が無いのでステージの裏から撮りましたw

東京モーターサイクルショー2014 073

デザインのインパクトは凄いと思いますが、ずいぶん荒削りですね。
巨大なカウルというかフロントセクションが、タイヤホイールとの位置関係、合ってないような気がします。
もっと低くうずくまる方がカッコ良さそう。

東京モーターサイクルショー2014 054

ビルトインのパニアケースは良いと思います。
リヤタイヤは幅広扁平で、似合ってますね。
マフラーはこれじゃダメでしょう!DN01で勉強したはずなのに。
そもそもマフラーなんて無い方が良い、っていう新しい乗り物のデザインの筈。

東京モーターサイクルショー2014 061

暫くして落ち着いた頃。
シート高650mm。大型免許を取ったばかりのエントリーユーザーには魅力的な数値のはず。ホンダの強力な武器である、DCTあってのディメンションだと思います。
ハーレーの新しい750/500あたりと、新規ユーザーを奪い合う役目があるのかなと見ています。
同じクルーザーというジャンルのライバルとして真反対のキャラ。ホンダとハーレーと、どちらからバイクの世界に入るかで、その後のバイクライフは全然違う方向に行くでしょうね~
はたしてどっちが幸せなのか?ワタシには予想もつきませんが…

ビクスク卒業生も振り向いてくれるでしょうか?

東京モーターサイクルショー2014 062

チェーンなんてまったく似合いませんね。ここはシャフトでしょう。コストで無理ならベルトでしょうに。
パニア付きのほうはチェーンメンテ、大変そうw

東京モーターサイクルショー2014 063

ギャラリーはオジサンと若者と、半々くらいでしたね。幅広い世代に訴求する、ウマイ企画だと思いました。

東京モーターサイクルショー2014 066

漸く撮影ポジションに近づいてきたぞとw
それにしてもこのバックレストって、如何なんでしょうねぇ
実際に乗ってみないとなんともいえませんが、直感的に楽そう、っては見えますね、確かに。

東京モーターサイクルショー2014 070

やっぱり下から見上げるようなアングルだと、フロントセクションのボリュームが高すぎて不安定に見えます。
実際の路上では上から見下ろすので、もっとかっこよく見えそうです。
フロントフェンダーはデザインし忘れた?んでしょうか。
こういう、ところどころ抜けた感じが残念です。
隅から隅までクールじゃないと、クールは成立しないんじゃないですか?シロート考えですけど。

東京モーターサイクルショー2014 071

何故ミラーをビルトインすることに拘ったのか?そこに固執したが為に、デザインが生煮えになってしまったように見えます。
昔、日産ステルビオという車がありましたが、これもサイドミラーでデザインぶち壊しになった珍車でした。

あと気になったのは、750cc2気筒でドコドコいうのは似合わなさそうってこと。
ガスタービンのキーンってノイズとかが聞こえてこないと、合わないデザインですね、これは。
このさい電動の方が良いのでは?

済みません、シロートが勝手をほざきました。
基本的にとても良い企画だと思い、是非ハーレーが君臨するクルーザーマーケットで大暴れしてもらいたいと願っているんです。
現時点ではホンダの新しいクルーザーでは、CTX700が一番好みです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

モーターサイクルショー行かれたのですね
(°▽°)
私も行こうかと思っていたのですが
日曜日の天気が今一つだったので
取り止めちゃいました

このNM4
ホンダ党の私でも理解不能です
どこのユーザー層にアピールしたいのかわからないですね
風変わりなだけで格好悪いし……
これって市販する気なんでしょうかね?

No title

バイクの話題ですし、ここはコメントを😄

きっとホンダのデザイナーチームも同じようにカンカンガクガクやったのではないでしょうか。
コスト、思想、リスク、上部とのせめぎ合い、新しいもの、手元にあるものでの工夫。
面白そうから始めてみたものの、いざ始めてみるとこれがなかなか前に進まなかったりして。
こちらを読んでいてそう思いました。

私はNM4を見て、まず受け入れられない理由を自分の中であげていきました。
ガンダム世代のデザイン製品が世に出るようになって久しいですが、それが受け入れられません。
大方は樹脂部品を多用し造形を凝ったものにしていますが、本物に感じられないんです。
ドカティ ディアベル、KTM Duke690、YAMAHA MT-09、Kawasaki Z1000 2014モデル、BMW F700GS、国の内外を問わず本物でいこうとメーカー一丸となって送り出したモデルが好きですね。

こちらのエントリーにある、自分の気付かなかったデザインや性能、機能に対する指摘は「なるほど」と感心しました。
荒削りなデザイン、マフラー、チェーン、フェンダー、ミラー、エンジン、素晴らしい観察眼ですね。
自分がホンダの偉い人なら意見を求めにいきたくなっちゃいます。
お茶の世界で生きていらっしゃる方だから持っている目なのか、バイクやクルマが本当に好きだからなのか、きっとどちらもなんでしょうね。

Re: No title

とださん

ついでの用事があったので、急遽行きました。
やっぱり行けば行ったで楽しかったです。
来客数も多く、業界全体が盛り上がっているのはいい事だと思いました。

このNM4は今までの『バイク』という範疇では無いのかも知れませんね。
ビクスクの方が、感覚的に血縁関係濃いような気もします。
あるいはアニメの世界の、未来の新しい乗り物?ですかね~

> これって市販する気なんでしょうかね?

はい、完成度から見て間違いなく出てくると思いました。
既存のバイクファンじゃない、新しいマーケットを開拓するんじゃないでしょうかね~
アジアや新興国でウケそうですね。
ホンダはリーディングカンパニーとして、懐深いなぁって感心しました。

Re: No title

n.nさん

僕はガンダム世代じゃないので、NM4をみてこれはガンダム世代向け商品企画なんだろうなぁと
漠然と感じていたんですが、肝心のガンダム世代には嫌悪されてるみたいですね~w

世の中そんなもんですよね。ショウバイが見えるとしらけるし。
その世代の拘りは部外者には想像つかないハイレベルに達しているわけで、これを満足させようと思ったらコストが引き合わないことになるし。
ガンダム世代が創った美意識の文法を換骨奪胎、というかもっと標準化して=薄めて万人向きにして、という作業がNM4には入っているのかもです。HONDAのやることですから、その辺は手を打つでしょうねぇ、マニアックになり過ぎないように。

> 私はNM4を見て、まず受け入れられない理由を自分の中であげていきました。
> ガンダム世代のデザイン製品が世に出るようになって久しいですが、それが受け入れられません。
> 大方は樹脂部品を多用し造形を凝ったものにしていますが、本物に感じられないんです。
> ドカティ ディアベル、KTM Duke690、YAMAHA MT-09、Kawasaki Z1000 2014モデル、BMW F700GS、国の内外を問わず本物でいこうとメーカー一丸となって送り出したモデルが好きですね。

なるほど!
n.nさんはガンダム世代なのでしょうか?好みのバイクリストを見るとZ1000以外は私も好きなモデルばかり。
近い世代なのかな?とも思いました。

いずれにしても、バイクの話は楽しいですねww

やらかしたね〜

時にホンダは、こういうことをやらかします。
DNー01もそうでしたが・・・

とりわけ、このMN4はいけません。
基本的に何をしたいのか?
あまりにデザインの発想が貧弱です。
こんなことをしているからダメなのです。

ただのスタディモデルとしても、
何か未来的な新しい提案があるわけでもなく、
悪口でしかないですが、
こんな提案を通すホンダの企業体質はダメです。

バイクの美しさは、シンプルな美しい立ち姿にあります。
その証拠がレーサーの美しさです。

MN4は、全く魅力なしです。
とどのつまりは、まさに子供が造った粘土細工のようです。





Re: やらかしたね〜

misty_hillさん

バッサリですね~w
misty_hillさんもこのデザインは無しですか。
どうも私の周りにはこれを肯定する人が皆無なので、ちょっと驚いています。w

> バイクの美しさは、シンプルな美しい立ち姿にあります。
> その証拠がレーサーの美しさです。
>
> MN4は、全く魅力なしです。
> とどのつまりは、まさに子供が造った粘土細工のようです。

『立ち姿』の美しさ、賛成です。東京モーターサイクルショーYAMAHA編で書くつもりでしたので…
『粘土細工』ってのは、よく解ります。機能性の無い表面的装飾で終わってますからね。
もしこれが『ステルス性能』を有していて、レーダー計測不能とか言ったら、認めてもらえますかね~?(笑)
検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター