FC2ブログ

白鵬は何を目指すのか?

昨日の白鵬-遠藤戦に衝撃を受けました。
白鵬の左の張り差しからカチカチに巻いたサポーターの右肘での肘打ち。遠藤は負傷して鼻血を出してました。
これは相撲じゃ無い。武器を使用した攻撃。
深く相撲を追求している白鵬にリスペクトを感じていた時期もありましたが、彼が目指していたのは相撲『道』ではなかったようです。
これではもう応援できません。立派な業績を汚さないためにも、一日も早く引退すべきです。

もう一つ。

最近力士たちのケガが目立って多い。
素人目にも色々な原因が考えられます。
体格の大型化。
すり足・四股・テッポウなどの基礎をおろそかにし、筋トレやりすぎで身体が固くなっている。
攻撃的で乱暴な技を平気で濫用する。
土俵際で無理な逆転を狙って危険な捨て身のワザをかける。
これは大鵬が後年強く戒めたことで、相撲で勝負がついているのに土俵際で無理に逆転を狙うのはケガに繋がると言っていたのを思い出します。
相撲は負け方の品位も問われるのだなと、その時は感動して聞いたものです。

勝てばいいんだという考え方では相撲の美学=相撲道は無くなってしまいます。
考え方の違う若手にも外国人力士にも、教えれば必ず分かってもらえるはず。
若い世代の親方たちにもよくよく心してもらいたいものです。
スポンサーサイト



新型カローラに乗ってみました

TNGA-Cプラットフォームに乗るのは初めてです。
プリウスとC-HR、カローラスポーツ、カローラセダン、カローラツーリング、レクサスUXの共通プラットフォームだそうです。
ツーリングとセダンと両方あるけどどちらにしますかと聞かれて、サスが柔らかい方を選択してセダンに乗りました。
グレードはHYBRID W×Bという最上級モデル。
11E607A7-17BC-43E3-BF12-0BF970E84A8D.jpg
重量は意外と軽くて1,370kg。四駆(E-four)でも1,440kg。ガソリンFFの一番軽いのは1250kg。電池はFFがリチウムイオンで四駆がニッケル水素。
215/45-17と205/55-16を履く上級モデルは最小半径5.3m、195/65-15のベース車は5.0m。
全長4.5m、全幅1.75mに収めたり軽くしたり小回り頑張ったりは、トヨタの良心的な部分だと思います。

さて、乗った感じは?

2面性がありまして、エンジンがかかってないときで、ロードノイズが無い路面では高級車。静かで滑るような走り。ゴルフを超えてBMWベンツアウディみたい。
舗装によってロードノイズがでるのと、エンジンがかかった時はあまりいい音じゃない。こんな時はとてもよくできた実用車と言う感じ。ゴルフとどっこい。
ステアリングが電動なのにしっとり滑らかで精度が高くて、昔の良い油圧みたいな感触。
すごいなぁというのが正直な感想です。ゴルフⅦには勝ってます。
気になっていたリアシートの足元はプジョー308と同じくらいかちょっと勝ってるか。まあ広くはないけど大丈夫と言う感じ。
セダンでもトランクスルーあり。荷室は広くてフラットです。
お値段もライバルよりお買い得だし、妙に大きい最近のCセグメントと違ってサイズ感が絶妙だし、走りの質感もトヨタらしくなくて良いし、これは次期候補の最右翼ですね~
欲を言えば実用性はもう少し車高が高い方がいいので、スバルXVのようなリフトアップモデルが欲しいです。
(輸出用のトレックはカッコいいけど大きすぎる)

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
3.11をきっかけにリターンしました
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター