FC2ブログ

昔のバイクは「立派なもの」だった

某所で見かけたCD125T
F1001870 (640x480)
仕事用なのかなとも思えるけど、ヘルメットやよく手入れされた雰囲気から、ビジネスモデル愛好家のツーリングかも知れない。
(何故ピンク№じゃないんだろう?)

これで125というのは、現代の基準からみると随分贅沢な造りだ。
耐久性を重んじた設計なのだろう。
2気筒でマフラー左右2本出し。125とはそういう立派なクラスだったのだ。

1966年7月に発売になり、2003年まで生き残った。
加速騒音規制に対応できなかったために、息の根を止められた。
それまで生き残っていたのは、ある程度の需要があったのだろう。
また12V化やハロゲンバルブ採用、4速から5速へという改良のみで長年現役でいられたのは、
基本ができた良いバイクだったのだろうと想像される。

1966年というと、私は10歳。
当時はクリーニング屋さんとかが使っていたイメージがある。
現在も、取引先の染み抜き屋さん(70歳位か?)が乗っている。

見るからに座り心地の良さそうなふっかりしたシートを見ると、
このバイクに適当な箱を括り付けて、のんびりツーリングするのも楽しそうだ。
スポンサーサイト



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
3.11をきっかけにリターンしました
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター