利休の辞世

ある方と話していた時、「利休の辞世ってどんなだっけ?」ときかれて、
そう言えば「人生70年・・・」みたいなのであとはうやむや。聞いたことはあるけど思い出せない。
で、調べてみると

人生七十 力囲希咄 (じんせいしちじゅう りきいきとつ)

吾這寶剣 祖佛共殺 (わがこのほうけん そぶつともにころす)

堤る我得具足の一太刀 (ひっさぐる わがえぐそくのひとたち)

今此時ぞ天に抛(いまこのときぞ てんになげうつ)


利休の略歴を披露する根気はないので、省略させていただきます。
一言でいえば、戦国時代にたくましく世渡りして権力に近づき、「侘茶」を完成させた人。
皆さんご存知の利休像。
70年という当時としては長寿の齢になって、秀吉から切腹を命じられます。
名だたる戦国大名を弟子に持ち、茶人として上り詰め、70になって切腹することになる。
どんな心中だったのか、全く思い及びません。

力囲希咄
禅の教えでは突然の悟り、大悟したときに発する声だそうで。
エイッ、ヤッとかウォーとかそんな声。

吾這寶剣 祖佛共殺
この宝剣であらゆるものを断ち切る。
臨済宗の開祖・臨済義玄のことば
「仏に逢うては仏を殺せ。祖に逢うては祖を殺せ。羅漢に逢うては羅漢を殺せ。父母に逢うては父母を殺せ。親眷に逢うては親眷殺せ。始めて解脱を得ん」からきた言葉でしょう。禅的表現は難しいのですが、尊い教えや恩あるものからも自由にならなければ悟りに至らないということなのでしょう。

堤る我得具足の一太刀
得具足は刀のことでしょう。切腹のための刀を引っ提げること。

今此時ぞ天に抛
今こそ天にはなたれて自由になる。もう誰にも何物にも束縛されない。



切腹させられることへの憤懣や悲しみ苦しみは感じられません。
激しい気性とある種の高揚感がにじみ出ています。
そしてこの自刃によって真の自由を手に入れるのだという、
あくまでも自ら選んだ道だと言っているように思います。

凄い質問をされてしまいましたが、おかげでいい勉強になりました。
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

スバル インプレッサ

ご無沙汰しすぎましたm(__)m
スポンサー広告防止のため(^_^;)、気になるインプレッサのことなど書いてみます。

exterior_pict_2.jpg

続きを読む

テーマ : 自動車、バイク
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (2)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター