歌舞伎を観に行く

松竹大歌舞伎巡業
お付き合いのある方から誘われて、歌舞伎を観に行きました。
市川猿之助は流石でした。妖艶で、登場した瞬間に空気を支配するような存在感を発してました。
坂東巳之助は故坂東三津五郎の跡目を継げるのか?心配する向きもありましたが、大丈夫。
猿之助と二枚看板で巡業をこなしているのですから、若さで日々成長していることでしょう。ワンピース歌舞伎でゾロ、ボン・クレー、スクアードの三役を演じてるようです。機会があれば観てみたい。
今回の郡山公演では市川春猿の上手さにも驚きました。綺麗だし色っぽいし、ゲイって芸ってすごいもんですわ・・・
スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能
ジャンル : 学問・文化・芸術

バイクステッカー

ace cafeの代わりに貼るステッカーをどうしようか?
やっぱりオリジナルだよね・・・
揚羽蝶デカール丸
弊社のロゴの一部「揚羽蝶片喰」はとりあえず入れたい。
因みにこの模様は家紋なので、だれが使っても構いません。

後は毛筆で何か。自分で書くかな?

毛筆と言えば、毛筆体のフリーフォントを入れようとしたらこんなことがありましたので、皆さんご注意を。
win zip driverなるものが必要と出て、インストールしようとしてよく見たらどうも怪しいので調べてみました。
これは評判の宜しくないアプリで自動的に有料化へと導かれるようになっていますので、要注意です。

テーマ : バイクのある生活
ジャンル : 車・バイク

V-Strom250

V-Strom250が出たら、終のバイクに丁度いいだろうと思ってました。

中身はほぼGSR250Sのようです。
タイヤサイズや銘柄に変更はなく、シート高も同じなのでサスペンションストロークもそのままかと。
GSR250シリーズははすべて前120mm後125mm。
アドベンチャーとしては少ないようですが、400Xが120/105ですから、
舗装路メインのアルプスローダーとしては十分という判断なのでしょう。

GSR250Sとの比較では
車重が188kg→192kg
燃料タンク13litre→17litre
4kg増えた車重の大半は燃料分です。

GSR250Sは静かで滑らかで長距離に強いキャラクターですが、さらに磨きがかかってるんだろうと想像されます。
因みにハイオクにしてからは力不足も感じなくなりました。
燃費が32~36位ですから、17litreタンクだと5~600km無給油でいけることになりますね。 Σ(・∀・;)

日本での発売はあるのか?250Sが生産終了したのは、このV-Strom250との入れ替えのためかと期待できます。
もう少し早く出てくれたらこちらを選んでいたでしょうが、買い替えするほどではありません。
中身が同じ気がするので・・・

それにしてもGSRの妙なデザインからみたら、隔世の感ですね。

テーマ : 自動車、バイク
ジャンル : 車・バイク

GSR300Sと呼ぼうかw アルミテープチューンの顛末

300は言い過ぎかなぁ・・・
でも本当にそんな感じがするんです。
IMG_0826 (640x480)
それにしてももうACE CAFEのステッカーが似合わないな。
何か和風のステッカーを探さないと。

続きを読む

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

アルミテープチューンの下ごしらえ

トヨタ式?アルミテープチューンがどれほど効果があるのか、
まだまだ判然としませんが、どんどん進めてまいります。

前回はただ5センチ幅のテープを切って貼っただけでした。
空力的効果は微妙です。はっきり効果ありとは言い切れません。
プラシーボの疑いはあるものの、高速で片手になった時の安心感は増したように感じましたが。

エアクリーナーボックスに貼ったのが功を奏したか、パワーが増したような印象がありました。
このパワー増の印象は、割とはっきりと感じました。

これらはNGCスムーズドライブシステムの検証のため、一旦すべて剥がしましたが、
再度貼るにあたってひと工夫してみました。
DSCN4739 (640x640)
先端の突起部分から放電するらしいので、少しでも放電しやすそうな形状にカットしてみました。

これらは見えない部分に貼る予定なので結構ラフですが、機能には影響しないだろうと。
シートやリヤフェンダー、ブレーキ、サスペンション、メーター裏などを予定してます。
見える部分は源氏香デザインで行きます。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

アルミテープチューンをヘルメットに施す

IMG_0814 (640x640)
IMG_0813 (640x640)
アルミテープをカッターで切り出しただけなので、マクロでみると粗も見えるんですが、
このくらいのサイズだと誤魔化せますか?

源氏香は雅な雰囲気です。
かつ放電するのに必要らしい突起=角が沢山あるので、機能とデザイン性が両立していると思います。

ローラーで強く押し付けるので、バイクに貼るのは注意が必要かもしれません。
でもメットとコーディネートされて、面白そうです。

空力改善という本来の目的がもし達成できなくとも、ちょっと嬉しいイメージチェンジになりました。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

茶の湯---後片付けが大変

研究会で使った風炉から、灰を上げ、仕舞います。
IMG_0803 (640x640)
灰は篩ってポリバケツに。金属のバケツは灰のアルカリ成分で錆びてしまいます。
上の艶消しのように見える風炉は、土風炉で蒲池窯。面取1尺1寸。『真・行・草』とあるうちの行の格になります。
表面が柔らかいので気を使います。
素手で触ってもいけないくらいデリケートなものです。

IMG_0805 (640x640)
黒く艶のある方は土風炉でも眉風炉という形で、最も格の高い『真』の風炉です。
これも重たいうえに傷つきやすいので、扱いには注意が必要です。

IMG_0806 (640x479)
どちらも灰をあげたら、熱い湯で堅絞りしたガーゼで軽く叩き拭きします。
残った灰で傷がつきやすいので、擦るのは厳禁です。
仕上げ拭きはマイクロファイバー系のクロスが(眼鏡拭きとか漆器拭き)良いようです。

いつもながら腰に負担が来る作業で、今回は二ついっぺんに片づけたので、腰に不穏な痛みを感じ始めました。(^_^;)
作業終了するやほねつぎさんに直行しました。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

NGCスムースドライブシステム

試してみました。
まずアルミテープをすべて剥がしてオリジナルの状態で10数キロ試走。
と言ってもハイオクガソリンがはいったままです。
若干力強いGSRといった感じで、6速3000回転から加速するし2500からでもなんとか行けます。
上はパワフルに10000を超えますが、わずかに荒々しくなったような気もします。

次に放電ナットを装着。
IMG_0793 (640x480)
いじり止めトルクスネジを外すため、トルクスドライバ購入。
IMG_0796 (640x480)
M8なので締めすぎに注意。ものの数分で出来る簡単な作業でした。

さてエンジン始動。
ふーむ・・・
特に変わった様子はないようですが・・・

とりあえず同じコースを走ってみましょう。
IMG_0798 (640x640)
程なく変化に気付きました。
全体に振動が減り、振動の質も硬質な感じから柔らかい感じに変化してる。
ドン衝きが減り、加減速が滑らか。
5500回転付近の振動も確実に少なくなった。
荒々しさが(GSR250はもともと少ないんですが)無くなったためか、大人しくなったような、パワーが無くなったような印象さえある。
しかし追い越しなどかけると、十分にパワフル。高回転ではスムーズさと力強さが一層増している。
若干ギクシャクしにくくなり、8の字などはやり易くなった。
エンジンのまわり方が少しクリーミーになった、というのに近いかな?
ガサツな感じが消えて、バイクのグレードが上がったような感じもあり。

これらの変化は僅かと言えば僅か。気がつかない人もいるかもしれません。
しかしわずかな変化に喜びを感じる人には、5000円で出来る楽しい遊びです。

実はNGCで間違えてM10のナットを送ってきたので一つ浮いています。間違えた方は返さなくても良いです、
バッテリー端子のマイナス側に付けるとコンピューターが良く働きますとのこと。
これは長いボルトを見つけてこないと付けられないので、後のお楽しみ。

今回はアルミテープの時より確実に変化を感じ取ることができました。
商品名の「スムースドライブシステム」とは実に的を得たネーミングです。

時間が余ったのでカフェザザへ足を伸ばしてランチしてきました。
F1001753 (640x480)
F1001754 (480x640)
紅葉が始まりましたね。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

アルミテープチューンをお洒落にできるか?

IMG_0788 (640x480)
ちょっと良いかもと思いついたのが源氏香です。
中でも一続きになっているものが7種ありました。
これなら見えるところに貼ってもちょっと洒落てていいかな~と。

炭を洗う

茶の湯に使う炭はクヌギ炭です。
美しくて燃える風情が良く、匂いを出さず。
黒い炭が真っ赤に熾き、やがて清浄な白に変わってゆく様は美しい。
時間芸術とすら思えます。

今では超高級品です。
洗って使うのは、火の粉が飛んだりしないようにという実用上の理由と見た目の美しさの追求もあります。
IMG_0786 (640x640)
太さと長さは決まっていて、それぞれ役割があり名前もついています。
IMG_0787 (640x640)


茶の湯って本当に贅沢な遊びです ┐(´▽`)┌

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

キムコ ダウンタウン試乗

台湾のメーカー、キムコ。
優秀で良いスクーターを生産しているそうで、前から気になっていました。

ライダーズPit in ふくしまスカイパークでストリートツインに乗った後、
ダウンタウンという欧州で人気のモデルに試乗してみました。
IMG_0778 (640x480)
排気量は320cc。乗った感じは全体に建付けがしっかりして、びしっと元気に走ります。
安っぽい感じがありません。ちょっとTMAXを思わせるところがあると言うとほめ過ぎでしょうか?

キムコはBMW C650を“ODM”生産しているそうなので、設計までやってるということになります。
出来が良いのは当然なのでしょう。
日本サイコー主義者には恐ろしい現実が突きつけられているんですね~(^_^;)

IMG_0779 (640x480)
スカイパークにはカフェがあって、一服しました。
IMG_0782 (640x480)
ここは山の中の農道離着陸場でイベント以外誰も来ない場所、という認識でしたが、月・火以外は営業してるそうです。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

ストリートツイン試乗

ライダーズPit in ふくしまスカイパークにて、ストリートツインに乗ってきました。

写真はスラクストンRとボンネビルT120
IMG_0772 (640x481)

IMG_0777 (640x640)
どちらもオートバイの普遍的なカッコ良さというものを、見事に表現してます。
つくづく分かってらっしゃる・・・

所用で会場入りは午後になってしまいました。
まっすぐトライアンフに行ったのですが、ストリートツインだけ辛うじて乗れました。

コンパクトに見えるのに(実際ライポジもコンパクトでした)、ズシッとした重量感が旧車的雰囲気。
低速トルクが凄いのに、ドン衝きがありません。
いわゆる伸び感とタメのある加速が良い感じ。
低速コースをちょっと走っただけですが、ハンドリングも素直そう。
良いバイクだなぁと思いました。

T120までは要らないよねと感じました。
ストリートツインのエンジンを載せたT100が出るそうですから、そちらもいいかも知れません。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

GSR250S 現状と今後の予定

ガソリンをハイオクにしてトヨタ式?アルミテープチューンで走っております。
パワフルに感じるというのは、いよいよ確信に変わりました。

土湯峠を福島側から猪苗代方面に登った時、6速のまま5千6千7千回転と、ぐんぐん加速しました。
前回レギュラーガソリンで走った時は、6速でも登れるが加速するには5速でした。

アルミテープはどんな効果があるのか、または無いのか?
一度すべて剥がして確認してみたいと思います。
再度貼るときには、ギザギザにカットしたものを貼るつもりです。

DSCN4727 (640x480)
DSCN4728 (640x480)
NGCから放電ナットが届きました。
アルミテープを剝がしたタイミングで、こちらを試します。
それぞれ別々に、効果の有り無しを確認したいので。

パニアケースを物色中です。
トップケースに積み過ぎると、重心が変わり飛ばしにくくなります。
ガソリン満タン、トップケースに重いものという状況だと、何かの調子にぐらっと来たりもしますし。
重いものはパニア、軽くてかさばるものをトップケースに。
当たり前のことですが、やはりセオリーは守るべきですね。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

四万温泉 積善館

四万温泉 積善館
IMG_0766 (640x480)
ちょっと遠かったのですが、日帰りで行ってみました。

積善館 ルート

『千と千尋の神隠し』で有名になり過ぎてしまったせいか、働く人々が疲弊しているような雰囲気でしたよ。
そこかしこにぞんざいな、サービスの省略を感じました。
一番の違和感は、古い日本建築の建物なのに中へ土足でどこへでも入っていくところ。
人手が足りずに下足の対応が間に合わないんでしょう。外国人観光客も多いし。
まあ、仕方がないんでしょうね・・・

この日は高速メインで553.5km走りました。
燃費は33.1km/l
いままでの経験上ないペースでした(^_^;)
レギュラーガソリンだったら30いったかどうか?

この時にメーター誤差を確認したのでした。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (2)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター