790DUKE?

KTMが800㏄のパラツインを開発中。
790DUKEが出そう。

KTM parellel twin 800

Twin-Cylinder KTM Duke 800

このエンジンでミドルアドベンチャーも、ぜひお願いします。

いや~これは楽しみです(゚∀゚)
スポンサーサイト

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

883Rが無くなる?

ハーレーで唯一買えそうなモデルが消える。
883Rカタログ落ち
残念。
人気があったのは日本だけだそうですが・・・

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

留学生に呈茶しました

8/10磐梯熱海温泉で萩姫祭りがありました。
関東の留学生54名が招待され、祭りに参加しました。
温泉神社にお参り、盆踊りや和太鼓、茶の湯などを体験するということで、茶会を受け持ちました。

留学生の出身国内わけを訊くと、中国が8割ほど。台湾・インドネシア・シンガポール・ベトナム等東南アジアが2割。
女性が9割くらい。東京圏内の大学生と大学院生。
韓国がゼロ。理由は原発事故のせいか?
欧米系がゼロなのは、先着順のため申し込みが間に合わなく断念した人が多かったらしい。

お茶に興味を持って頂ければありがたいことです。

席は野点。野点傘に青竹の歌花筒。短冊は『和敬清寂』。
裏千家の御園棚という棚を使った、立礼のお点前。
お茶はもともと中国から伝来したものですし、茶道具も最高級品は『唐物』つまり中国製です。
席中に炊く香はで印度や東南アジアなどからきたもの。茶碗は今高麗(韓国)を出しました。
もう一碗は地元二本松の作家、井上善夫のもので銘が『ほんとうの空』。原発事故後に造ったもの。
お菓子は薯蕷饅頭で銘は『ほほえみ』

茶道は日本の伝統文化でありつつ、アジアとの深いつながりを持ちます。
そんな話をしながら、目指す『和敬清寂』とは、『一座建立』とはなんてことも語ってしまいました。

彼女たちは頭が良く好奇心旺盛。質問が飛んできます。
『寂』はどう言う意味?---動じないこと
『動じないって何?』-----寂が一番難しい。我々も日々理解しようと修行しているが、未だにわからない。
『お茶は仕事でやってるの?』---いいえ趣味です。
『何で茶碗に名前がついてる?』『何年くらいやったらそんな風に(お点前が)できる?』

外国人にお茶の説明をする・・・ 難題ですが初心に帰れて良かった。いい経験になりました。
来年また来たいと言われたのが、最高のご褒美でした。

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

衝撃的カッコ悪さ---レクサスLX570

最近のトヨタ製SUV全体なんですが、デザインが尋常じゃないです。

続きを読む

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

岩角山『黄金の花』

仕事で岩角山の近くに行ったときに、お客様から勧められて見に行きました。
岩角山『金華水』
岩角山岩角寺の境内にある湧水『金華水』に、数十年に一度現れるんだそうです。
副住職の説明によると発光性の藻だということですが、初めて見ました。

岩角山
その所為か見物客が列をなしてました。

もしかすると見られるのは数日間かもしれません。

岩角山『黄金の花』

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

JK軍団襲来するも

高校生の娘が『友達とバーベキューやりたい、家で』という。何か嫌な予感がしたのでダメといったのに、家内が許可してしまった。
蓋を開けてみれば、うちの庭でJK軍団が15人でバーベキューに花火大会。
どんな凄惨なことになるものやらと心配しつつ、準備を手伝ってやりました。(親バカ)

でも意外と・・・統率がとれて、手を出さなくとも粛々と準備が進む。
買い出し班、コンロなどレンタル品の調達係、会場設営など役割分担が細かく決まっていて、会場提供したウチにはちゃんとしたご挨拶とお土産。
ほー、ちゃんとしてるんでないの。
吹奏楽部のパートのメンバーだそうで、ちょっと体育会系が入ってるところが良いんでしょうね。
よく見たら男子が2名入ってた!大人しく仕切られてます。(うん正しい姿勢だね~)
三年生が威厳を示そうと、ちょっと威張っているところも微笑ましい。

花火大会はキャーキャーいって盛り上がってはいるが、ハメを外さない。
後片付けもちゃんとしていきました。

子供だと思っていたわが娘の成長を見られて、ちょっと安心。
あと悟り世代といわれる彼女たち。確かにみんな優しく思い遣りがあり、仲間を非常に大切にする。
嫌な事件が多くて心配も絶えないけれども、彼女たちは皆いい子で素直。心配なさそうですね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

『火花』を読む

家内が買ってきたので、読んでみました。
著者はよくテレビで見ていたのですが、正統派文学青年というか、昔よくいたタイプの文学青年。
こんな人がなぜお笑いの世界に入ったのだろう?と不思議に思いつつ、何となくシンパシーも感じて陰ながら応援する気持ちで見ていました。

文体は抑制が効いていて品があり、好みのタイプです。音読すると淀みなく自然に読める。
多読家ゆえに表現力が確かで、おそらく華麗な文体でも凝った文体でも自在に書けるんでしょう。
それを敢えて抑え目に書いている感じ。『言葉に酔う』のを良しとしない、良心的な表現者です。
表現することにとても誠実な姿勢が感じられます。

内容はネタバレになっては迷惑なのであまり踏み込みませんが、天才的な先輩芸人との交感を瑞々しく描いて、お笑いとは、漫才とは、と深く追及していきます。
この先輩はウケるために、自分の身体に取り返しのつかない改造を加えてしまうような人です。主人公は敬愛と憐憫の情とを抱きつつ、影響されていきます。
が、逆に先輩の方が恐るべき才能の後輩に影響され、追い詰められているようにも見えました。

又吉氏は太宰治に傾倒したと言ってます。
思春期に本を読み始めた人は、かなりの割合で太宰の影響を受けているのではないでしょうか。
『太宰とはハシカのようなものである』などという人もあります。私もその一人で大いに影響を受け、思春期には自分を甘やかすのがカッコよく見えたりして、一時怠惰なナルシストの生活に溺れました。
社会人になって間違いに気づいてハシカが治る訳ですが、それが正しかったとしても面白い人生とは言えません。
仕方のないことですが。

氏は青春の蹉跌を描きながらも感傷に陥らず、真摯な態度で追及し続けます。そこが私のような凡百の太宰ファンとの違いでしょうか。

『火花』を読んで、20代のころの悩みや夢や友人たちとの交感を、懐かしく思い出しました。

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

17vs19

バイク初体験は17のときだった。相手は19。HT90。
前輪の径ですので誤解の無いように・・・

当時のフルサイズのオートバイは前輪19in.が主流でした。
友人知人のバイクもほとんどそう。
今のバイクよりゆったりとした挙動で、エンジンレスポンスなど全てが穏やかでした。
GSX750S katanaも初期の19in.でした。

自分の経験は19in.で刷り込まれてますので、リターンしてから初めて乗ったCB750教習車の17in.の挙動には違和感を覚えました。
こんなに重い4発なのに、自ら切れ込むような挙動ってなんか不安。そんなにクイックに曲がろうとしなくていいのに・・・
大型バイクはどっしり構えて、基本立ちが強くて、リヤで曲がるってのが我々世代の乗り方。ハングオフ?なにそれ~
(だいたい昔はハングオンって言ってたのに・・・いつの間にハングオフになったのか)

まあタイヤの進化とともに、乗り方も変わってきたって訳でしょうけど・・・
記憶ではニンジャ900のころから、エンジンが前進して前輪が小径化してきたのかな?

今は前輪19あるいは18って少数派。アドベンチャー系とネオクラ系。
少ない経験ですが、自分には明らかに19or18の方が乗りやすい。
次は17は選ばないかも知れないなと思った次第です。
gsx750s.jpg

CB7502004.jpg

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (2)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター