FC2ブログ

200DUKEの真の実力を知りたい!

最近バイカーズステーションを読み続けていて、何となく分かってきたことが色々あります。

中でもサスペンションと車体のチューニングに、特に興味がわきました。

200DUKEはサスペンションはWPで容量も大きいのですが、調整範囲はリヤプリロードのみ。
それでもちょっと変えただけで、こんなにもバイクのキャラクターが変化するものなのかと、驚きました。

デフォルトではプリロードは下から3つ目。
5つ目にするとリヤが上がってキャスターも立って、イケイケのキャラになりましたし、
1つ目にしたら穏やかになり、シートも低くなりました。
結局デフォルトの3に戻しましたが、実は不満もあります。

何しろサスが硬すぎるんです。

多分、大柄なインド人が、劣悪な道路環境で多少の無茶をしても、平気なように出来てるんでしょう。
標準タイヤなんか、空気が抜けても気が付かないほどガチガチでした。( ̄▽ ̄)

タイヤはパイロットパワーに交換しましたが、これも200DUKEにはオーバータイヤで、もっと車重とパワーが必要です。
車体にとっても自分の65kgの体重では足りない。
15kg増やして極悪道路をかっとべば、200DUKEの真価を発揮できるはずなんですが、それは嫌ですし・・・

一案として、リヤプリロードを最弱にして、それに合わせてフォークオイルを少し減らして帳尻をあわせるのが良いんじゃないか。
フォークオイルを抜いて空気容量を増やすことでバネレートが下がる。理屈の上ではですが。

ただしフォークオイルを抜くには、素人が手を出さない方が良い箇所がありますので、信頼できるメカを探してから・・・ですね。

これらは元に戻せるという担保付の遊びなので、ぜひやってみるつもりです。
150mmもあるサスストロークを、十分に生かしたい。今のところ半分くらいしか使ってない気がします。



もうひとつ

200duke トルク管理
車体の要所要所のボルトのトルク管理、です。

上下三又のピンチボルト。前後アクスルボルト。スイングアームピボット。エンジンマウント。
それぞれ既定のトルクで締められているはずですが、量産品ですから、工場から出荷されただけの状態では怪しいものです。

またチェーンメンテの度に、リヤアクスルシャフトをきっちりトルク管理してるかといえば・・・  (^_^;) 自分ではできません
エンジンマウントなんて、自然に緩む可能性もありますし。
精度の高いトルクレンチが欲しい!って、父の日のプレゼントを訊かれたときに言ってみたのですが、却下されましたw
スポンサーサイト



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
3.11をきっかけにリターンしました
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター