水素が勝ち組になるのか?

水素社会到来? まだ解決してないあれがあるだろ。

トヨタが水素燃料電池車を販売決定しましたね。700万円位だそうです。
トヨタ水素燃料電池車
水素ステーションのインフラ事業にも、意欲を燃やしているようですが。

水素は小さな原子なので、タンクから抜けてしまう。この問題は、解決されてません。
そのうえ非常に爆発しやすい。エネルギー密度小さい。

なのに見切り発車かよ!原発の時と同じ匂いがする。プンプンと。
政治バイアスだけで物事が進んでゆく不気味さ。

解決策の一つに、ロケット燃料を代用する手があります。
炭素と水素の巨大分子で、水素が非常に多い。安い。揮発性も大したことない。運ぶにも貯蔵するにもとても楽。
使うときには改質して水素を取り出す。少しだけ炭酸ガスを排出するが、ガソリン焚くよりははるかに少ない。
つまり炭素は水素を運ぶためだけに使う。使い回しですね。
この辺りが最良の妥協点なのでは?
水素ステーション造るよりはるかに安く、誰にでもできますよ。 (だからやらないのかw)

高い技術を要するインフラ事業は、一部の企業が独占できる。
極めて危険な施設であることは、国民には知らせない。

この辺が似てるな。原発の時と。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

涼を求めて親水プチツー

空模様がどうも怪しいのですが、腰の具合も良いし、適当に走れる分だけ…

親水ツーリングルート

続きを読む

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

理想の車 FIAT Panda4×4

自分の好みからすると、コンパクトでディーゼル・マニュアルの四駆が理想に近い気がします。
初代プントは(壊れなければ)とてもいい車でした。イタリア車は好きです。
こいつはカーボックスで売ってるんですね。
panda 4×4 (600x451)
カーボックス

結構高いけど、内容を考えると納得できるかな。買えないけど (^^;)

テーマ : イタリア車
ジャンル : 車・バイク

プリロード弄ってみる

7/21晴れの予報でしたが、ホントか?っていう空模様。
F1001064 (600x800)
そこで、プリロード調整して遊んでみました。

やり方はバイカーズステーションの記事を参考に。
まず標準⇒思い切って3段階位上げる⇒標準⇒3段階下げる⇒標準⇒2段階上げる⇒標準⇒2段階下げる⇒標準
①1段ずつだと変化を感じ取りにくいので、初めに大きく動かす。
②反対側に動かす前に、標準にもどす。
③飛ばさずゆっくり走る。(飛ばすと安定要素が増えて、観察しにくくなるそうな)

連休の工業団地の広い駐車場で8の字と、近所の短いコースをひとっ走りする作戦にしました。

200dukeはデフォルトが10段階の下から3なので、まず3からスタート。
次に2段上げ。つまり10段階の5です。(6以上は二人乗り、または巨漢用ポジションだろうと思っていまして)

おっ!というハッキリ分かる変化。まず後ろ上がりのポジションに。8の字では僅かに切れ込むような感触。
しかし路上に出ると、嬉しくなるようなイケイケのキャラに。
重心が高くなったような印象もあります。やや前下がりで攻撃的ポジションになり、飛ばすほど楽しい雰囲気です。
かなり気に入りましたが、ロングツーリングでは疲れるかも、と感じました。

次、2段下げ。ガラケーのカメラでは中々ピントが合いませんが(笑)
F1001066 (600x451)
つまり最下段です。
これは8の字は安定してますが、走り始めて『こんなのDUKEじゃない!』と思いました。
どっかと腰を下ろして淡々と走るにはいいポジションでしょうが、そんなバイクじゃないし、何か全体に鈍いんです。
そのうえ、鈍いくせに飛ばすと安定感がない。フロント荷重が足りないような感触。全くいいとこなしの最下段でした。

最終的にこの4段目に落ち着きました。
F1001065 (600x451)
4段目にしてみて、このDUKEの第一印象を思い出しました。
『あ、これがDUKEだよな』
活発で軽くて自由自在な感じ。それでいて剛性感や安心感があります。
本気で飛ばすなら、5段目(もしくはそれ以上)がいいと思いましたが、トータルで4段目が一番気に入りました。

そう言えばタイヤをパイロットパワーに変えた直後、前上がりになった印象でした。
デフォルトの3段目より4段目がいいのは、タイヤの所為かもしれません。

午前中はそんなことをして遊んでおりましたが、雲が消えたのでプチツーリングに行くことにしました。
F1001067 (1000x563)
まずカフェザザにいって昼食。デート中のO先輩にばったり会いました(笑)
F1001069 (600x337)
写真を撮る前に食べてしまいまして、食べかけですが…
F1001068 (445x600)

ボナリ峠で少し攻めてみて、バランスを確認。良い感じです。
ただ興味本位ですが、5段目・6段目あたりでこの道を走ってみたいなとは思いました。

115号線459号線で喜多方⇒蕎麦処山都町へ
F1001071 (600x450)
蕎麦資料館にて。
そばを食べるにはおなか一杯なので、そばソフト。

バイク乗りはやたらとソフトクリームを食べますが、今の時期は特に暑いですからね~ ( ̄▽ ̄)

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

Van Van が欲しくなる動画


6 VanVans ride the Alps

輸出モデルは125の筈ですが、こんなに走るんですね~
だったら125でもいいなー、セカンドバイクに。

なんか愛されてる雰囲気が伝わってきて、良い動画です。
part1~4まで在り。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

ロシアの路面電車が近未来的 Russia One

鉄道ファンではないので、詳しいことは分かりませんが、2017年から生産されるようです。
驚きの近未来デザインで、ロシアの勢いを感じます。

元記事
Rocket News 24

テーマ : ロシア
ジャンル : 海外情報

バイク擬人化遊び

A B AB O 
よりはずっと楽しいキャラクター分けですよ
本田恵子先生書下ろし!バイク擬人化妄想爆走ストーリー「全開!スロットル娘。」

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

VTR まだ熟成しますか

VTRは『お気に入り』の中の1台。何とも贅沢なエンジンを積んだクォーターですよね。
ツーリングモデルのFが追加されてまた寿命が延びたと思ったら、さらに熟成が進みました。

webミスターバイク
VTR/VTR-Fをマイナーチェンジするとともに、足着き性を向上させたType LDを新発売

VTR2014.jpg


注目はタイヤの変更。

バイアス ⇒ ラジアル
リアの扁平率70⇒60
スピードレンジS⇒H

フレームとサスはそのままに、チューニングのみ変えてきたわけですが、その内容に興味津々です。
マイdukeも未完成な部分を熟成させたら、素晴らしい名車になるはず。VTRを見て、そう感じました。
高級パーツを導入するのは憚られるので(誰に?w)、トルクレンチ買ってシャシーのネジを規定値に締めなおしてみるとか、取り敢えずやってみたいな~ (゚∀゚)

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

windows98用プリンター買う その後の顛末

NEC MultiWriter5750C は98対応といっても、98SEじゃないと使えませんでした。ネット情報はいい加減なものって、分かっていたのによく調べなかった自分が悪い!
ってことでしたが、意外にも8.1用にドライバー更新できたので、8のほうで使うことにしました。
トナーの容量はさほどではないはずですが、今のところ減りが少ないような気がします。
こんな古いプリンターを常用にするとは、夢にも思いませんでした。( ̄▽ ̄)

テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

MT09ストリートトラッカー?

ストリートトラッカーなるカスタムが紹介されていました
MCNの記事より

ストリートラリーと並ぶカタログモデルになるのでしょうか?

続きを読む

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

チェンジペダルその後

立ゴケで折ってしまったチェンジペダル、とりあえず2012年用ペダルに戻しました。
過去記事『200DUKE プレーキ/シフトレバー交換』

この旧タイプは踏むのは良いんですが、掻き上げるのに引っかかりがなさすぎるのが難点。
シフトペダル2012 (640x480)
靴によってはチェンジし難いので、2013年用と交換したわけでしたが・・・・・
ただ、立ゴケしても折れにくい(というか曲がりもしない)長所もありました。
ペダル2012 (634x472)
2012年用ペダル⇧
今回はブレーキペダルは交換せず、シート下の隙間に押し込んで、予備用として常備することにしました。( ´ー`)

シフトペダルの方ももう一度2013年以降のものと交換後、この2012年用をシート下に常備するつもりです。
が、入るかどうか・・・・・

ツーリング140706 (640x480)
チェンジペダルの具合を調整するのに走ってきました。今回は8~9割位の頑張り。
でもサイドはこれだけ残りました。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

80年代のバイクの群像--SUZUKIデザインの冴えるとき

BIKERS STATIONの日本のナナハン史という記事を見ていて、私がバイクを降りてからが、ずいぶん面白い時代だったことを知りました。
いわゆる第二次バイクブームの始まり、レーサーレプリカ全盛のちょっと前あたりに、ジャパメリカンというべきモデルが登場しました。
XV750 81 1
1981年YAMAHA XV750
75度Vツインでシャフトドライブ。
新規起こしのエンジンは、これだけではもったいなかったらしく、翌年ロードスポーツもでました。
XV 750E 82
4サイクル4気筒が出揃った750市場に、どうしても同じようなものを出したくないってYAMAHAらしいへそ曲がりっぷりですね~(笑)
テイスト重視のツアラー的性格なので、実際には乗り易かったのではないかと思います。いま、ちょっと乗ってみたいです。
XV750 84
84年の追加モデルは、バブル時代の雰囲気を醸してます。
HY戦争のためか、ホンダからは当然のように対抗モデルが出ました。
NV 750 Custom
1982年 NV750custom
後出しジャンケンするにしてももう少しやりようがあったんじゃないかと思いますが、ま、相当急いで出してきたんでしょうね。エンジンは45度Vですが、位相クランクで90度になってます。振動対策しちゃったところがHONDAです。
これらのジャパメリカン2車は、寸詰まりでデザイン的に未完成でしたね、今見ると。
そこへ少し遅れてSUZUKIが参入しました。
1986_VS750_maroon_800.jpg
1986年 SUZUKI VS750
エンジンは45度。テイスト重視。水冷。
これは北米ではラジカルクルーザーと言われて人気が出たそうです。確かに一番カッコいい。今でも十分通用しそうですが、どうでしょう?
輸出モデルには1400もありました。
1987_VS1400-Intruder_bk_750.jpg
VS1400INTRUDER
1981年のGSX1100S/750SカタナはハンスムートのコンセプトモデルをベースにSUZUKIがデザイン。1400/750INTRUDERはアメリカスズキR&Dとスズキ本社の共同作業。
このエンジンの展開はVX800に引き継がれましたが、こちらもクリーンで良いデザインだったと思います。
1993_VX800_purple_800.jpg
オーバーナナハン解禁になったんですね。ちょっと軽すぎるかな?デザインが。
1991_VX800_USsales_1c_1036.jpg
でも良い雰囲気で好きです。
1990_VX800_Japsales4_800.jpg
679,000円というと、当時としても安いほうですね。
1990_VX800_Japsales2_800.jpg

1990_VX800_Japsales3_800.jpg
いつもYAMAHAデザインが一番ってことでもなく、時折、スズキが冴えを見せることがあります。最近は車のデザインが良いですね、SUZUKI。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

もうBMWは割高じゃない件

CYCLE WORLDを見ていて、値段に反応しました。BMW S1000Rって意外と安い。
Tuono V4R     $14,499
S1000R       $14,950   169.9万円  12,800€(ドイツ)
1290superdukeR $16,999    185.0万円

ドイツ本国値段が12,800€って大体177万円位。日本のほうが安いじゃありませんか。(日本は税込。ドイツでは不明)
R1200GSアドベンチャー 
日本  238.9万円
ドイツ 15,900€(約221万円)

値下げと円安でいつの間にかこんな事になっていました。びっくりです。( ゚д゚)

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

皮むきツー⇒アクシデント

家内からヒマをもらってw皮むきツーリング。
R459とR290で日本海を見てくるかと、漠然と計画を立てて走り出しました。
道の駅裏磐梯 (800x599)
いつもの道の駅裏磐梯も、平日だからかバイクゼロ!
皮むき途中R (557x800)
皮むき途中。倒すとまだヌルヌルと不穏な動きをします。
皮むき途中F (600x800)
もうちょっと走りこまないとだめかなーと、暫く走り続けると…

驚きの世界が待っていたのでした(大袈裟w)


続きを読む

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (2)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター