FC2ブログ

東京モーターサイクルショー YAMAHA編(3)

さてMT09です。
東京モーターサイクルショー2014yamaha6
YAMAHAはFZ8で、量産モデル中最も長いスイングアームを採用してました。R1からのフィードバックで、そもそもはレーストラックでの挙動安定性確保のためだったそうです。
MT09はそういう性能より、実際の路上での楽しさをを優先して(との説明でした)スイングアーム長を少し短くしました。
サスストロークは標準より少し多めでソフトです。跨ってみると、沈み込んで両足楽に着きます。乗ってませんが、扱い易そうです。実に良い判断で、バイク好きのツボを熟知してると思いました。
それに加えてアクセルのモードセレクトもあるので、初心者や雨のツーリングなども、無用な緊張を抱かずに済みそうです。
それでいて、リッターバイクに肉薄する怒涛の加速力も持っているのですから、なんともマルチな才能です。
人にたとえれば
容姿端麗
成績優秀
スポーツ万能
おまけに性格良いらしい
みたいな?ww

東京モーターサイクルショー2014yamaha5
クロスプレーンコンセプトと言う3気筒エンジン。普通に120°クランクですから、クロスプレーンではありません。そもそも4気筒(と整数倍)以外では成立しませんから。だからと言ってこ、のエンジンの魅力になんらキズがつくわけではありませんけど。
少し前傾して重心を下げてあります。
このエンジンで色々出てくるようですから、本当に楽しみです。

東京モーターサイクルショー2014yamaha3
MT07も相当魅力的です。端正な09に対してアクの強いクラウチングスタイルでウェーブディスクにしたり、こちらの方が少しヤンチャな性格付けなんでしょうか。
さらに軽くて、正立フォークからして小回りもきいて扱い易そう。
跨った感じでは、200dukeと690dukeの中間くらいのサイズ感でした。

東京モーターサイクルショー2014yamaha4
このツインは90°位相で、クロスプレーンを半分に割ったと思えばクロスプレーンコンセプトなんでしょう。
排気量に余裕があるので、扱いやすさとパフォーマンスと、両方兼ね備えていそうです。
また、3気筒よりアドベンチャー系に向いているんじゃないかと思いました。

東京モーターサイクルショー2014yamaha2
メーターバイザーからメーターはみ出てますw
東京モーターサイクルショー2014yamaha
09はコンパクトですね~ こちらも跨った感じ、07と殆ど変わらず。
ベストセラーになってあちこちで見かけるようになるんでしょうか?
カラバリを是非増やして欲しいもんです 

東京モーターサイクルショー2014yamaha10
R25は質感の高さ、デザインの完成度、見事でした。
東京モーターサイクルショー2014yamaha14
生産車に何処まで反映されるかですね。

それにしても今年のヤマハは攻めてましたね~ ファンとしては嬉しいことでした。ヾ(o´∀`o)ノ
スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
3.11をきっかけにリターンしました
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター