FC2ブログ

東京モーターサイクルショー2014 YAMAHA編(その1)

ホンダはNM4だけでオシマイですw
HONDAの経営陣にはウケ悪いですよーと報告しなければなりません(笑)
ただ、HONDAの考えは「どうせマニアは1%~10%。残りの90%~99%相手に商売するには、これくらいが丁度いい落しどころ」くらいに思っているのかもしれません。
ひとつ注文があるとすれば、本物のステルス性能を与えてくれー、対ネズミ捕り対策に

オジサン的には、今のホンダ車のなかから選ぶとしたら、結局CB1100EXをどノーマルで乗るか
CB1100を軽ーくカフェカスタムするか、ですかね~

次っ、YAMAHA編

トリシティーは、タイ生産/発売決定しましたね。


生産車はこのコンセプトモデルとは細部が違うかもしれません。
東京モーターサイクルショー2014yamaha7
フロントサスペンションはイタリアの先行車の特許でがんじがらめらしいので、後発は大変だと思います。
素人目には左右捩れに対しては二本縦に並べたテレスコピックで対処し、シーソー式に左右連結してリーン対策。ステアするために二本のテレスコピックを上部で1本にまとめてあるように見えました。
東京モーターサイクルショー2014yamaha8
動画を見るとアッカーマン率が大きく入っているようですし、複雑すぎて理解できません。
東京モーターサイクルショー2014yamaha9
■「TRICITY」主要仕様諸元 
・全長×全幅×全高 1,905mm×735mm×1,215mm
・シート高 780mm
・車両乾燥重量/車両総重量 146Kg/152kg
・原動機種類 水冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
・気筒数配列 単気筒
・総排気量 124.8cm3
・内径×行程 52.4×57.9mm
・最高出力 8.1kW(11PS)/9,000r/min
・最大トルク 10.4N・m(1.1kgf・m)/5,500r/min
・燃料タンク容量 6.6L
・燃料供給 フューエルインジェクション
・変速装置/変速方法 Vベルト式/オート
・タイヤサイズ (前/後) 90/80-14/110/90-12(前後チューブレス)
・制動装置形式 (前/後) 油圧式ディスク/油圧式ディスク
・懸架方式 (前/後) テレスコピック/ユニットスイング
※WEBオートバイよりデータ拝借

イタリア製ライバルと比べると、だいぶ小さくて軽いですね。これなら駐輪場にも入れやすそうです。
Vベルトのオートマも、車の世界から入ってくる人にはマストの要素ですね。
車をやめてこっちで通勤通学というエントリーユーザーにとって、最大のハードルはヘルメットで髪型崩れること。w
&2輪のライバルより10万円以上高いこと。
マニアにとっては、かなり魅力的。どんな挙動をするのか?125だからセカンドバイクに丁度良いし。
スポンサーサイト



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
3.11をきっかけにリターンしました
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター