家族旅行(1)

29日は日帰りの小旅行に行きました。
GWの混雑と渋滞をいかに避けるか、バイク乗りの経験と勘が役に立つシーンです。
自宅⇒県道57(ガラガラ)⇒三春ダム⇒県道57⇒県道19を南下⇒県道66⇒県道41(夏井川に沿って走る素晴らしい景観の道路、ガラガラ)⇒夏井川渓谷背戸峨廊(サザエさんのオープニングに紹介されました)⇒道の駅四ツ倉⇒県道382で新舞小浜(防波堤工事で入れず)⇒国道6号(普通に流れてました)南下⇒五浦海岸・六角堂・天心記念五浦美術館(全く混雑なし)⇒帰路県道20・県道14(御斉所街道)を快走⇒ナビは国道118・国道4を案内していましたが無視して県道40を北上⇒三春⇒県道57で自宅
総距離280㎞、朝8時出発、夕方6時帰宅。渋滞ゼロ、どころか混雑ゼロ。行列して食事やトイレを待つことも皆無。観光や休憩以外の実走行時間約5時間。平均速度56㌔、あれ?(笑)
GWで帰省するときは、地方道をつないで観光しながらゆっくり(でも平均速度速っ!)、というプランは如何でしょう。
家族旅行-夏井渓谷・五浦美術館 e
県道41沿い夏井川渓谷
家族旅行-夏井渓谷・五浦美術館 b
震災後閉鎖されていましたが、4月27日から「トッカケの滝」まで入山可能になりました。まだ知らない人が多いためか、ここもガラガラでした。
家族旅行-夏井渓谷・五浦美術館 d
紅葉の名所ですが、新緑の渓谷を独り占め!おそらく今だけでしょう。
家族旅行-夏井渓谷・五浦美術館 c
家内は「こんなに歩くとは思わなかった」と…

後半は「家族旅行(2)」へ続く…(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

T25,T27 by Gordon Murray

ゴードン・マレーは、マクラーレンF1のデザイナーとしてご存知の方も多いでしょう。
文字通りのF1マシンと、ロードカーのマクラーレンF1ともに、他に先例のない革新的なデザインで衆目を集めました。イシゴニズやダンテ・ジアコーザに並ぶスターエンジニアです。
とにかく頭が良い。発想が凄い。大好きなデザイナー/エンジニアです。

彼が省エネ車のデザインをすると、こうなりました。t25-4

t25
http://www.gordonmurraydesign.com/index.php ゴードン・マレー デザインより

こんなのが出たら是非欲しい、本気で弊店に導入しようと首を長くして待っているのですが…

なんとAUTOCAR JAPAN (http://www.autocar.jp/)に試乗記が出ているではありませんか。

t25-2
上はスマート用660㏄ガソリンエンジンのT25。6,000ポンド(約91万円)
下はその電気自動車版のT27。7,000ポンド(約106万円)
t27

本当に売ってるんでしょうか?

このくらいの大きさの車が欲しい。軽自動車ではでか過ぎるんです。

テーマ : 英国・イギリス車
ジャンル : 車・バイク

日本のバイク黎明期のライラック

この頃は何でもアリ、だったんですね。
縦置きV2。そうとう高価だったのでしょう。

ホンダコレクションホールは他社のコレクションも豊富ですし、貴重なものもあります。
4輪車も中々のボリュームで見ごたえがあります。

ライラック

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

HONDA GL1000

デビューが1974年だったんですね。
フラット4、シャフトドライブ、シート下燃料タンク、個性的なツアラーです。

HONDAコレクションホールにて。
GL1000.jpg

まだ高3。輸出用には興味もありませんでした。
今見ると、意外と乗りやすそうなスペックです。

http://www.jsae.or.jp/autotech/data/4-20.html 

400アメリカンクラスの車重しかないんですね。F6Bでは大きすぎると感じている人には人気が出るのでは?どうでしょうHONDAさん。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

東北カブミーティングin須賀川

カブオーナーじゃないけど見てみたい。
楽しそうです。

http://www.tif.ne.jp/riders/event/disp.html?id=21

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

MVアグスタ

F4とブルターレ
KTM とおなじ配色でも、雰囲気が全く違いますね。
やはりイタリアンデザインは色気があるなぁ…
って言うかエロいです。(笑)
あぶく銭が入っても、これに乗るのはちょっとムリかな?

F4.jpg

ブルターレ

しっかし、凄いデザイン…
ぶつぶつ…

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

父の車

学生時代、父の車を借りて乗り回す。そんなTVコマーシャルもありましたね。帰省したときに運転させてもらいましたっけ。グランデというグレードはBMW流のセミトレーリングアームで、乗り味はしっとりジャガー風という傑作車でした。コラムATでベンチシート、6人乗りだったので、友人3人で(女子を真ん中に乗せて)前席にのり、ドライブしました。会話がしやすくて楽しかったなあ。丈夫で長持ちでしたが、燃費は悪かったです。

トヨタマークⅡ1976

GAZOO名車館より
http://gazoo.com/Meishakan/meisha/meisha_body.asp

テーマ : トヨタ車
ジャンル : 車・バイク

X-75コンバージョンキット

サイクルワールドの記事から
http://www.cycleworld.com/2013/04/16/phil-little-racing-yamaha-650-special-kit/
yamaha 650 specialをtriumph X-75に見せるキットだそうです。3気筒じゃないのに…

Phil-Little-Racing-Conversion-Kit.jpg

意味わからん改造キットではありますが、かっこいいのは確かです(笑)

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

メガネご臨終

ツーリングから帰って一服していたら、何もしていないのに突然ピシッという音とともに視界が歪み…
ヘルメットでストレスを受け続け、耐え切れなかったのでしょう。
それにしても走行中じゃなくて良かった。
なんて主人思いの最後の迎え方。
今までご苦労さん。
合掌…

メガネ 010

テーマ : その他
ジャンル : その他

初代ターセル

GAZOO名車館で懐かしい写真を見つけました。
http://gazoo.com/Meishakan/meisha/meisha_body.asp
初代ターセル/コルサ
中古車でごく短期間乗りました。

ターセル画像

トヨタがFFを模索して、縦置きを選んだのは何故だったのか?既存のATを使えるからかな?ルノーの置き方ともちょっと違います。
軽くてよく走る車でした。エンジンが二階建てのため、重心が高いのが難点。しかしロングホイールベースで機能的なスタイリングは、ヨーロッパ車みたいで気に入ってました。4ドアが好みでしたが、乗っていたのは3ドア。縦置きはこの初代であきらめ、2代目からは横置きになりました。当然だけど、ちょっと残念。

テーマ : トヨタ車
ジャンル : 車・バイク

花見ツーリング

昨日は花曇だけれど暖かい一日。半日コースの花見ツーリング。
久しぶりの滝桜。なんだか元気がないです。「原発のせいだ」との声も…
そうだそうだ(笑)

滝桜2

滝桜4

永泉寺の枝垂れ桜は滝桜の妹桜だそうな。

永泉寺の桜2

まだ、二分咲きくらい。妹ちゃんはおくてですな。(笑)
古寺54さんとはここでお別れ。お疲れさまっしたー!

昔の建物

R349はなかなか風情があります。

広覚寺

広覚寺だったかな?左に「下馬」の立札が。

しょうてんはし

まだ昇天するわけにはいかんです(笑)

しょうてんはし桜2

昇天橋から見る桜がいいのに、写真がひどいです。

R349D.jpg

R349沿いの「強滝」

棚倉城跡公園2

棚倉城跡公園

花園の枝垂れ桜

花園の枝垂桜は散ってました。

花園の枝垂桜3

花見客もいないので、ここで簡単なお昼にしました。

帰路は県道40号線を北上。アンダー400にぴったりの道です。ネモケンさんの言う「開けて曲がる」を試しながら快走。14時自宅到着。燃費は40.5㎞/lでした。

あ~楽しかった。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

様になる風景

ローマの松
ローマの松

ツーリング計画

今日は半日休みをもらったので

三春滝桜
  ↓
永泉寺の桜(滝桜の妹だとか!)
  ↓
R349を南下
  ↓
久慈川河川敷の桜並木
  ↓
棚倉城の桜
  ↓
花園の枝垂れ桜
  ↓
県道40号北上して帰宅

のつもりですが…
行ってきます!(笑)

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

水屋

先週末は裏千家の研究会。
郡山市の麓山荘
http://www.hayamanomori.com/shisetu.html#2
は本格的な茶室をもつ公共施設で、諸流派よく利用しています。
写真は広間用の水屋。
これが自宅にあったら…
いやいや、そんな贅沢はできません。(笑)
麓山荘水屋

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

FE168SS

FE168SSはもう修理不可能とのこと。コーン紙はFE166ESと同じように見えるんですが、別物なのでしょう。
とりあえず、自分で修繕してみるつもり。
木工用ボンドが良いかエポキシなどが良いか、じっくり見てみようかと…
FE166EN.jpg

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

丹頂草

庭の丹頂草。今年は早いです。
丹頂草
冬の間消えてしまったかなと見えて、毎年ちゃんと花を咲かせてくれます。

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

ツーリングマップル

ツーリングマップルは、やはり素晴らしい。

ナビはあくまで道案内とガイド。

夜一杯やりながら、見知らぬ街や走ったことの無い道に思いを馳せる…
そこまでできるのは、やはりコレですね。

ツーリングマップル1

タフな使い方でもバラケないような作りも◎です。

ツーリングマップル2

賀曽利隆さんの長年に亘る現地取材とモニタリングシステムで、ライダー目線の生きた情報は、他に変えがたい魅力です。
もう20年以上続いていたんですね。

こんな情報も…

ツーリングマップル4

哀しいけれども、必要な情報です。

願わくは、こんな人が立ち入ることのできない汚染された土地を、もう絶対つくらないで欲しいものです。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

スパーレア故障

TP20mark2の試聴を楽しむはずがメインスピーカーの故障発覚。
F1000384.jpg
コーンとサブコーンが付け根から剥離。おそらく何かがぶつかっての事でしょう。
社交ダンス部が長年使用しているので、肘でもあたったのか…
ユニット交換か修理か、このユニットは限定販売だったし、修理できればいいのですが…
とりあえず何かスピーカーが必要なので、物置からスワンaを引っ張り出しました。
エンクロージャーは汚れているだけでしっかりしているようです。
組み立てに木ねじを数百本使った甲斐がありました。
ユニット交換すれば大丈夫でしょう。
スワン
01_fe103en_main.jpg
01_fe108esiguma_main.jpg
103enか108superか、迷うところです。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

マルチホイール

yamahaは以前からマルチホイールに興味を示していましたが、いよいよ商品化を目指すとか。
なにかで、特許申請していると読んだことがありましたが…
どんな走りをするんでしょうか?
免許や税金・保健・車検などは?
マルチホイール
興味は尽きませんが、かなり高くなりそうですね。

こんなサイトもあります。
http://www.gizmag.com/the-brudelli-leanster-remarkable-car-bike-fusion/10089/

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

Billy Joel

サイクルワールドの記事から
Billy Joel2
ビリージョエルってかなりのマニアだったんですね。
これが気になります。kawasaki w650かな?
Billy Joel
カッコイイです。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

Motor Fan illastrated

子供の頃から透視図が大好きで、自動車雑誌に載ると飽かず眺めておりました。
F10004011.jpg
Motor Fan illastrated誌はこれが毎号載るのですから、夢の雑誌です(笑)

大型船舶用2サイクルディーゼルエンジンの記事の内容が凄いです。
F10004021.jpg
世界最大の船舶用エンジンRT-flex96C、サイズが全長×全高=約27.4×13.4mで4階建てビルくらい、重量2300トン、ボア×ストローク=960㎜×2500㎜(エレベーターかっ!)、トリプルチャージド14気筒エンジン、11万馬力(鉄腕アトム負けた!)、総合熱効率55%!最高回転数102rpm、排気量25333ℓ
もう参りました…

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

TP20 mark2

届きました。TP20 mark2
まあ小さいこと、シンプルだこと、軽いこと。
これでいい音が出るんだから、オーディオの世界もすっかり様変わりです。
F1000400.jpg

F1000399.jpg
コネクターが間に合わず、音を聴くのはおあずけ…

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

F6B

カッコイイ
F6Ba.jpg
うちのバイク部でこれに乗れるのは(買えるのは)料理長だけだな。(独り言)
f6b.jpg
後姿がイイ
f6b.png
あの車庫にも入りそう。(独り言)

試乗記ありました(独り言)
http://bike.yahoo.co.jp/review/report/mb0214/

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

ロールセンター高

自動車工学でロールセンター(ロール軸)がありますが、各メーカーで考え方が正反対だったりするのが面白いです。
カーブで車が傾く時の軸がロールセンターで、設計で高さを決められる(ある程度の範囲内で)のですから、理想を追求したらどうなるのか、ぜひ見てみたいです。
籠と神輿を思い浮かべるとわかり易いのですが、どちらも担ぎ手の肩の高さがロールセンターです。
籠はロールセンター高よりも重心高のほうが低いので安定していて、もし遠心力が働くほど速いスピードでコーナリングしたら(笑)、客は遠心力で内向きに傾きます。神輿は逆に外に傾き、放り出されるような力が働きます。
車は重心高がロールセンター高より高いので、神輿と同じです。そこでスタビライザーなどが必要になります。
だから基本的には、重心高はなるべく低く、ロールセンターはなるべく高く設計するのが当然と信じてきました。
たとえて言えば、重いものをささげもってすばやく動き回るのと、ぶら下げて動き回るのと、どっちが楽か、考えたらすぐわかると思います。

仮にロールセンター高と重心高が同じだったら、ロールしませんからスタビライザーは不必要になります。
乗り心地と軽量化とコスト、一石三鳥で効きます。実際には巨大なタイヤと、倍くらいの車幅が必要なので不可能ですが。

GTRが年次改良でロールセンター高を最適化した(下げた)と知って、何故?と思いました。
過去にもマツダロードスターがマイナーチェンジ(モデルチェンジだったかも)でロールセンターを下げたことがありました。
しかし、ジャガーやアルファロメオなどは極力高く設定しようと工夫していますし、どうもメーカーによってまちまちのようです。

よくシャコタンにして操縦性が悪化したという話を聞きます。重心が下がるメリットより、ロールセンター高が下がるデメリットが上回っているからで、これを解消するために、ロールセンター高を下げずにシャコタンにするキットなども出回っています。
街のチューナーは良くわかってるんだな…と

ぜひ納得できる説明を聞いてみたいです。

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

ペネロペ・クルス

テレビは基本、ダビングしたものを空いている時間に観ているので、タイムラグがありますが…
ウディ・アレンの「それでも恋するバルセロナ」のペネロペ・クルスです。
ペネロペ・クルス
可愛いです。
「ボルベール(帰郷)」でも、キレイだったなぁ

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

ST1300

これは一体なにもの?
st1300a_12911_nh_b01_____graphite_black_front.png
UK HONDA ウェブサイトより写真拝借

エンジンが変な見え方と思ったら、縦置きV4、シャフトドライブ。
ST1300ABS_2012_Powerplant.jpg
これはUS HONDAから
st1300.jpg
ツインスパーアルミ
st1300police.jpg
ポリス仕様もあるんですね。
こんなものを黙って売っていたとは、恐れ入りました。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

200DUKEチェーン張り

オーナーズマニュアルによると、200DUKEのチェーンの遊びは5~7㎜となってますが、腑に落ちません。
200DUKEチェーン張り
やってみたらパッツンパッツンでまともに走れそうにありません。おかしいと思ってよく見直してみたら、なんとチェーンとスイングアームまでの距離でした。こんな計り方は初めて。老眼でよく見えませんでした。アブナイアブナイ。

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

ロストジェネレーション

宇野常寛さんって知らなかったのですが…
ときわ会茶会 063
ツーリングが悪天候で中止になったので、テレビ漬けの日曜日。ETV8で思わぬ拾い物。
この世代のことは良く知らなかったのですが…
オタク評論家、マルチ批評家、AKB48マニア。そんなレッテルはどれも的外れ…では無いにしても、人として非常に真っ当な知性の持ち主で、頼もしく感じました。
ロストジェネレーションが既得権者の犠牲になっていることへの憤りも、共感しました。

現代の問題に、われわれまでの世代の知識と経験が通用しなくなっている、そんな予感はありましたが…
やはり本人たち自身のの問題としての切実さと、若い感性と新しい知見で立ち向かっている、そこに期待せずにはいられません。
老兵は去り行くのみ。政治家も企業のトップも、錆付いた感性では世の中の邪魔になっているだけ。さっさと引退したほうがいいですね。
そんなことを考えさせられた日曜日でした。

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

茶会

3/30(土)は、知人に誘われて、東京根津美術館での茶会に行ってきました。「ときわ会」という有志の方々主催で、濃茶一席、薄茶二席、点心席と、場所も内容も贅沢です。
ときわ会茶会 031
おりしも、「遠州・不昧の美意識」という企画展の最中で、素晴らしい内容でした。
ときわ会01
展示物と茶席の写真は流石に自粛しましたが、東京の一等地に市中の山居を実現した日本庭園と四つの茶室は圧巻です。旧財閥の力を見せ付けられました。
ときわ会茶会 029
門を入ると左手に舟形の蹲石…と言うには巨大ですが(笑)。
ときわ会茶会 026
東南アジアの鐘楼のコレクションが多いですね。
ときわ会茶会 025
庭への出入り口。手と顔だけの人物が、今回誘ってくれたS君。
ときわ会茶会 012
今回はお酒は付きませんでした。(笑)
ときわ会茶会 006
ときわ会茶会 024
ときわ会茶会 023
屋形船は土壁です。これも茶室なんですね。風流な遊びっぷりが偲ばれます。
ときわ会茶会 003
恥ずかしながら顔出し。
ときわ会茶会 021
ときわ会茶会 007
ときわ会茶会 004
ありがとうございました。S君。
着物で郡山から新幹線で行きましたが、好奇の視線を彼が受けてくれたので楽でした(笑)

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (2)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター