ほとんど見かけず、見ればガン見してしまう・・・ホンダ・ジェイド

「気になる珍車」のカテゴリーに入れては失礼かもしれませんが、
気になって仕方がないんです ( ˘•ω•˘ )
自分の中で、未消化のままほっておけない感があって、自分の備忘録として記事にすることにしました。
pic_performance_sensing (640x300)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

試乗してみた---VW GOLF TSI Comfortline

GOLFは初代から偉大な車で、特に車好きでなくとも、あの形は誰でも知っているのではないでしょうか。
VW GOLF 画像
特にジウジアーロデザインの初代は素晴らしかった( ̄- ̄)・・・
エンジン横置きFFの発明はダンテ・ジアコーサですが、普及の立役者はゴルフでしょう。
ただ惜しむらくはミドシップエンジンがお蔵入りになったこと。試作車まであったのに残念。
まあ、車好きには面白くても、GOLFのような大成功はおさめられなかったでしょうが・・・
試作車EA266 画像
ジウジアーロがゴルフのデザインに、EA266のイメージをきちんと入れているのが分かりますね。

ゴルフは初代が素晴らしく、2代目も傑作。3代目は凡庸。4代目は堕落。というのが大方の評価だと思いますが、5代目で復活。6代目でキープ、7代目で完成という感じでしょうか。
その7代目も2012年のデビューから5年、今年アップデートが図られました。

ゴルフは5・6・7すべて試乗していますので、キャラクターは把握している積りです。
乗ってみてどうだったのか?
IMG_1292 (640x481)
果たしてまさにゴルフで、良いもの感が凄いですね。
外観は上質でスッキリ、清潔感が好みです。内装もデザインもさることながら、造りが良い。シートは本当に良い。
IMG_1291 (640x482)
マイナーチェンジで変わったのは、運転アシスト機能と情報処理アシスト、灯火類のデザインなど。
VWオフィシャルサイト
私はそこには興味が無いので、スルーです。
IMG_1288 (640x481)
今回は市街地のみ。
それでも燃費が11㎞/L。ハイブリッド車には敵いませんが、歴代ゴルフの中では最高でしょう。
エンジンは1200の加給機付き。7速DSGです。アイドリングストップあり。リスタートは以前より素早く自然になりました。
高速長距離の実力は判っています。問題は低速域のドライバビリティーなんです、輸入車の弱点は。
そこがマイチェンで随分完成の域に近付いたなと。
価格も2,499,000円~と近年高くなった国産車と変わりません。
あとは維持費でしょうか。
そこは未知数です。

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プログレでドライブ

従兄弟がプログレを衝動買い。
まさかそんな年寄り臭い車を買うとは、彼自身が一番驚いているそう。
IMG_1179 (1280x960) (640x479)
彼は他の自動車メーカー勤務で、そのメーカーはスポーティーな車がウリなので、プログレのような乗り味の車は知らない世界でとても新鮮なのだとか。また量産車では最高クラスの塗装や、豪華な皮の内装もお気に入りポイント。
私と同い年でアラカンですから、たしかに年齢的なものもあるでしょうね~
IMG_1185 (640x480)
我々の世代にふさわしく、桧原湖や磐梯山の前で記念撮影。昭和だ~!
このプログレは程度極上で3リッター直6のFRで、もっとも代表的な中核モデル。プログレには2.5や四駆もあったと記憶しています。呉服屋の送迎用にはこれの四駆はちょっと良いかもと、探したこともありましたから。
磐梯山の周りをゆったりと、たまにダッシュしたりしながらドライブ。エコカーが席巻する以前の、古き良き時代の乗り味を堪能しました。
我が家は父がトヨタ系列の販売店勤務だったので、歴代トヨタ車。コロナ、クラウン、マークⅡが家の車でした。
中でも印象的だったのは丸目2灯のマークⅡグランデ。2.6リッター直6で4輪独立懸架。リヤはBMWの影響のセミトレーリングアーム。乗り味は当時最高の乗り心地と言われたジャガーXJを目指していたようで、雑誌にもそのように紹介されていました。
ソフトでしっとりした乗り味は大好きでしたが、燃費はリッター5~6km位でした。
プログレは流石にもっと高速での操安を担保しているので、サスは硬めに締まっていました。
しかしサイズは同じようなもので、直6FRの高級車として、グランデの面影がありました。
高速と山道の混合燃費は11.8だったそうです。
この乗り味の良さを考えると、十分合格点だと思います。
古い車に割り増し自動車税をかける国策は絶対に間違いで、スクラップビルドを奨励するのは実に反エコな話だと思います。

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

ホンダレブル250 試乗してみた

小っちゃくてカワイイ。ので、この黄色だとオジサンには気恥ずかしい。
ポジションはクルーザーとネイキッドの中間。シートが低くて足はべたつき。
走りは割とちゃんとしていて、やはりクルーザーとネイキッドの中間的性格。ステップも擦りにくい。
車体はがっしりでソリッドな印象。全然しならない。
サスはクルーザー的でストロークもないので、80キロあたりから上は荒れた路面などではあばれる。
エンジンは鼓動感があってトルクフルで結構頼もしい。
とにかくコンパクトで軽くてフレンドリーなバイクです。
初心者や女子にもさぞよかろうと思います。
IMG_1187 (640x480)
さて自分のGSR250Sに取って代わるほどかどうか?
IMG_1189 (640x480)
例えば一日500km走れるか?-------ま、半分くらいなら・・・
高速巡行、延々と120くらいで走れるか?-------80が良いところでしょう。
たまには山道をかっとびたいが。-------別の選択肢がありましょう。
IMG_1188 (640x481)
まだまだ解脱できない自分には、今のところマッチしないバイクですね。
重くて大きくて、長距離好きで静かで快適。あか抜けないスタイルだけど実力者のGSR250Sが、やはり今の自分には丁度いい。

一日200㎞くらいの行程で、空いた下道をのんびりと走る。自分好みに弄ってみる。気軽に街に繰り出す。
そんな用途には、レブル250は間違いない選択肢でありましょう。
燃費も良さそうだし、サドルバッグでもつければ通勤通学にも使えそうです。
あるいは10年とか20年とか手元に置いておいて、たまに思い出したように乗る。なんて使い方も、レブル250ならありでしょうね。
IMG_1190 (640x482)

もし自分がレブルに乗るとしたら500。サスをグレードアップして走り方面を充実させる。色はマットアーマードシルバー。
サドルバッグとミニスクリーン必須。
すると結構なお値段になり、その予算なら別の選択肢も・・・ってなりそうですが。
2017-Honda-Rebel-500-300-lifestyle-23 (640x427)

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

里山を走る

単独日帰りツーリングでは、県内の山間部を走ることが多いです。
楽しいのは県道・農道・3桁国道をつないでのんびり走った時。

センターラインもないような細い道を進んでゆくと、山間に田圃や畑や集落が次々と顕れます。
人の手が入った林はこざっぱりとして気持ちよさそうですし、鎮守の森は鬱蒼として貫禄があります。
川沿いであれば、夏は涼しい。街道沿いに桜は定番。春はどの集落にも桜が咲き誇っています。
田圃のなかにぽつんとある木もおおく、農作業の休憩時に桜の木の下で休むんだろうなと想像して
こちらまで幸せな気分になります。
秋は紅葉で小さな山々が色とりどりに染まり、家々の庭先には必ず柿がなっています。
平和そうな里山の中を走っていると、まるでタイムスリップしたかのように錯覚します。

日本の里山って美しい。
山川草木すべて美しい。

この世界はこんなに美しかったんだなと感じるとき、
バイクに乗っててよかったと、しみじみ思うのです。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (2)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター