トリシティー155が気になる

トリシティー155がデビューしたので、125で気になっていたところがどうなったか見てみました。

トリシティー155トリシティーPCX125アドレスV125S
車重165kg152/156kg130kg101kg
燃料消費率WMTCモード41.7km/L
(クラス2 1名乗車)
38.8km/L
(クラス1 1名乗車)
50.6km/L
(クラス1 1名乗車)
42.6km/L
(クラス1 1名乗車)
排気量155㎤124㎤124㎤124㎤
最高出力11kw(15ps)/80008.1kw(11ps)/90008.6kw(12ps)/85007.3kw(9.9ps)/7500
最大トルク14Nm(1.4gfm)/600010Nm(1.0gfm)/550012Nm(1.2gfm)/500010Nm(1.0gfm)/6000
変速機形式VベルトVベルトVベルトVベルト
変速比2.306~0.7252.361~0.7942.600~0.8202.681~0.808
総減速比23.540~7.40122.507~7.56929.300~9.24022.234~6.701
リヤタイヤ130/70-13直径512110/90-12 直径503100/90-14 直径536100/90-10 直径434
カバレッジレシオ3.1442.9743.1703.318

トリシティー125は車重や3ホイラーゆえのフリクションなどのハンデの割に、ギアリングが高すぎたりVベルトのレンジが狭かったりちょっと疑問に思うところがありましたし、実際に試乗してみても出足が鈍すぎなのでは?と感じました。





続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

スバル インプレッサ

ご無沙汰しすぎましたm(__)m
スポンサー広告防止のため(^_^;)、気になるインプレッサのことなど書いてみます。

exterior_pict_2.jpg

続きを読む

テーマ : 自動車、バイク
ジャンル : 車・バイク

一度は乗りたいカングー

RE_S006_F002_M001_2_L.jpg
カングーは傑作です。
初代からファンでした。
さらに言えば、カングーの前身であるサンク・エクスプレスの時代からずっとお気に入りでした。
640px-Renault_ExpressB.jpg
出典wikipedia

しかしいくら好きでも、自社の商用車にも家族の車にももう一つマッチせず、縁がないまま来てしまいました。

でも何気なく見ていたらカングーに6速DCTがついて、1.2リッターターボエンジンになって、いつの間にか最新のパワートレーンになってるじゃありませんか!
ATで乗れるカングーがついに出たか・・・ 
(いや今までの1.6の4ATでもいいんですけどね 乗るなら6MTだよなぁ・・・と思ってました)
家内が絶対ATじゃないと乗りませんので、我が家の車としては対象外だったのです。

なんだかいいなぁ・・・と
(何度目かのマイブーム来ました)

テーマ : 自動車、バイク
ジャンル : 車・バイク

小排気量の魅力---その9

KAWASAKI編はパスします。よく知らないし・・・
その代わりといっては何ですが、125アメリカンが気になるのでそちらを。

Eliminator125
1 (1)
2006-Kawasaki-Eliminator125a.jpg
随分と立派な乗り物です。
白人男性が乗っても貧弱に見えない。スペックは・・・
ホイールサイズ17/15。タンク容量13リットル。
乾燥重量135kg。装備で150kg弱かな。デザインもまとまってるし、シートがよさそう。
スピードを求めず、ゆったりツーリングもいいんじゃないか。北海道とか。
市場に出回ってるし、かなり安い。
タイ生産のようですね。

当然ライバルは色々あって。
まずXV125S VIRAGO
xv125s virego
なんとVツイン!狂気の沙汰だ。ホンダにもバラデロとかいうVツインのアルプスローダーがあったな。
ホイールサイズ18/15。タンク容量11リットル。
乾燥重量135kg。ほぼ一緒ですね。
250VIRAGOもほぼ同じで、見ただけでは違いが分かりません。
xv250s vilago
125VIRAGOはタマ数少ない。250は結構多いようですね。
VIRAGOは日本製なのか。

ちゃんとw SUZUKIにも該当車種があり
VL125LC intruder
GZ125LC MARAUDER
ホイールサイズ18/15。タンク容量12リットル。65°V twin。
乾燥重量140kg。
ゼロヨン21.5sec、トップスピード93.5km/h、なんてデータあり。
INTRUDERも250なら市場に流通しているようですね。日本製。

GZ125Marauder
GZ125 MARARDER
こちらは中華製か。シンプルな空冷シングルで今も生き残ってる。その割に重くて乾燥重量137kg。

GZ125HS
gz125hs.jpg
いかにも中華風でもうマローダーっぽくないな。

レオンアート デイトナ
レオンアート デイトナ
スペイン製。ツインカム4バルブで水冷ですか。前輪21で倒立フォーク。125でこの洒落ッ気は楽しいですね~

マローダーは耐久性に定評があって、愛用者も多い模様。
マローダーとエリミネーターが好み。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

小排気量の魅力---その8

SUZUKIです。

現行車に限定すると寂しいラインナップになってしまいます。
アドレス
見栄を張らずに実を取るスズキらしさ、嫌いじゃありません。仕立てにユーザーマインドに忠実な真面目さが表れてます。
ヤマハと対極かも知れません。
そういう人を尊敬こそすれ、侮ったりはできません。大人になるとスズキの良さが分かってくる。若いころは解りませんでした。今スズキの良さを理解して乗ってる若い人、大したもんだと思ってます。

バンバン200
多聞恵美さんが大好きと言ってますね。このバイクはもはやゆるキャラです。評価不可能。スピードを求めなければ、楽しめる要素は色々あると思います。というか、このバイクを楽しめるような、余裕のある人になりたいもんです。

バーグマン200
前にも書きましたが---禁断のバーグマン200---こらえ難い魅力がありますね。
大きすぎる250クラスと、ツアラーにはちょっと物足りない150クラスの中間。上手い隙間を埋めました。これでいいじゃなくでこれが良い。指名買いする理由がありますね。

GSR250/GSR250S/GSR250F
それぞれネイキッド/アルプスローダー/スポーツツアラーとキャラ設定がツボを得ていて、他にない個性が際立ってます。
こういう途上国向けグローバルモデルは、地方で乗るのにちょうどいいんですよね。中国では白バイだそうです。連続長時間乗車、未舗装道路対応、長期間稼働。そんなヘビーデューティーな使用条件が思い浮かびます。
頼もしい奴、そんな気がします。

それにしても今のラインナップは寂しいですね。
昔話になってしまいますが、個性的で魅力的なモデルが色々ありました。

ウルフ90 2ストでツイン。憧れの高性能車でした。
ウルフ

マメタン50
マメタン50

バンバン90
バンバン90


ジェベル200
ジェベル200
きりがありませんが、魅力ある小排気量、もっと頑張って出して欲しいものです。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (2)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター