fc2ブログ

HONDA FITに乗ってみた

2021FIT.jpg
ヤリスと販売台数を競っているけど、どうも分が悪いFIT。
自分はFIT派で、どこがどう違うのか乗り比べてみようと思いました。

試乗車はHOME 4WD HVでした。

フィットの主査(と呼んでいいのかどうか?)は女性だそうで、なるほど乗ってみると優しさと癒しに満ちた内外装と乗り味。
サスはソフトでタイヤのあたりが少ない、音も静か、滑らかな走りです。
ビシビシとかガツンとかゴツゴツとかクイックイッとか車好き男子が好きな要素は皆無。
ふんわりまったり、機械的タッチが感じられない今まであまり無かったキャラクター。

お前は本当に柴犬なのか?

正直言って自分が乗ろうとしてもあまりにフェミニン過ぎて似合わなさそう。
LUXE またはクロスターなら良いかもとは思うけど、この軽自動車みたいな2スポークハンドルにちょっと萎える。
2021FIT INTERIR

ヤリスに大差を付けられているとまでは思わないけど、(何しろ相手はヤリスクロスというボディー違いも数に入ってるから)負けてる一因がこのフェミニン路線しか選べず、男子を排除しているかのようなラインナップの所為ではないかと思った次第。

しかしながら乗っては良い車だった。乗り心地が良いのが先ず気に入ったところ。中も広く、シートアレンジもフィットならではの才気あふれるみごとさ。リアシートもちゃんとしていてふっかりと優しく体を包んでくれる。
ファミリーカーとしてこれ1台で大抵の用事はまかなえると思いました。
全体に丁寧に造りこまれてライバル達より高級感がある。

カタログを見ていて感心したのが、4WDの最低地上高。
FF135mmに対して160mmもあった。これは名ばかりのSUV達以上の数値で、実際見た目ではっきり高いと解る。
わざわざ割高なSUVを選ばずとも実際の用は足りる、そんな真面目さが近年のホンダの特徴。
かつてはトヨタがこういうキャラでホンダは見切りがはっきりしてイケイケだった。

そんな訳でヤリス以上に信頼出来て好ましいFIT。
やはり好きだけど、もそっと男子受けするモデルを用意してくださいな。

まだヤリスには乗ってないけど、今はFITの方が全体的に良い車だと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

新型カローラに乗ってみました

TNGA-Cプラットフォームに乗るのは初めてです。
プリウスとC-HR、カローラスポーツ、カローラセダン、カローラツーリング、レクサスUXの共通プラットフォームだそうです。
ツーリングとセダンと両方あるけどどちらにしますかと聞かれて、サスが柔らかい方を選択してセダンに乗りました。
グレードはHYBRID W×Bという最上級モデル。
11E607A7-17BC-43E3-BF12-0BF970E84A8D.jpg
重量は意外と軽くて1,370kg。四駆(E-four)でも1,440kg。ガソリンFFの一番軽いのは1250kg。電池はFFがリチウムイオンで四駆がニッケル水素。
215/45-17と205/55-16を履く上級モデルは最小半径5.3m、195/65-15のベース車は5.0m。
全長4.5m、全幅1.75mに収めたり軽くしたり小回り頑張ったりは、トヨタの良心的な部分だと思います。

さて、乗った感じは?

2面性がありまして、エンジンがかかってないときで、ロードノイズが無い路面では高級車。静かで滑るような走り。ゴルフを超えてBMWベンツアウディみたい。
舗装によってロードノイズがでるのと、エンジンがかかった時はあまりいい音じゃない。こんな時はとてもよくできた実用車と言う感じ。ゴルフとどっこい。
ステアリングが電動なのにしっとり滑らかで精度が高くて、昔の良い油圧みたいな感触。
すごいなぁというのが正直な感想です。ゴルフⅦには勝ってます。
気になっていたリアシートの足元はプジョー308と同じくらいかちょっと勝ってるか。まあ広くはないけど大丈夫と言う感じ。
セダンでもトランクスルーあり。荷室は広くてフラットです。
お値段もライバルよりお買い得だし、妙に大きい最近のCセグメントと違ってサイズ感が絶妙だし、走りの質感もトヨタらしくなくて良いし、これは次期候補の最右翼ですね~
欲を言えば実用性はもう少し車高が高い方がいいので、スバルXVのようなリフトアップモデルが欲しいです。
(輸出用のトレックはカッコいいけど大きすぎる)

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

妻に試乗させました

候補のカングーとエスクード。ついでに、そばにあったクロスビー。
魅力度はカングー=エスクード>クロスビー
キャラはカングーは実用的で中速域が充実、乗り心地も良い。バックドアのしまりが悪かったり、すでに(おろして2か月の新車)錆が出ていたり、ボディーの建付けは雑。
エスクードはコンパクトで速く、飛ばすほどに魅力が増すタイプ。いかにも欧州製。マイナーで値上がりし、割安感が無くなった。
クロスビーは街乗りには便利そうで妻も気に入ったが、自分は乗りたくない。シートの取り付け剛性が華奢な感じ。

この中ではエスクードかなと思いましたが、この値段なら(265万円)XVが浮上します。XVはカッコいい。

家に帰ってぼんやり思い返しても、みな印象が薄い。ま、どれでもいいかな~くらいに思えてきました。

ジムニーシエラ以外、興味が持てなくなっているのです。
困った病気です。
(^_^;)


テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

試乗してみた---エクリプス・クロス

三菱自動車オフィシャルwebサイトより
試乗車はG Plus Package 4WD 3,095,280 円 (消費税抜価格 2,866,000円) 高!
ext_im_01.jpg
短く、前後オーバーハングもさほど長くなく、SUVらしい精悍な印象です。
ext_im_02.jpg
彫が深い?というよりいろんなキャラクターラインが煩いと思いました。
ext_im_03.jpg
フォグランプとウィンカーの位置。スーパーカーのエアダクト風のくぼみに配置。空気は跳ね返され、意味のないデザイン上の遊びに。
全体のシルエットは好きですが、ディテールが何とも子供っぽい。
int_im_01.jpg
室内は余裕があって、デザインも嫌じゃない。
int_im_02.jpg
アウトランダーのプラットフォーム流用だからか、余裕があります。
ind01_im_03.jpg
燃費はチョイノリで10.4km/l。
悪くはないけど、最近はやたらと燃費が良いライバル多し。

乗った感じは、アウトランダーと似ていて、サイズの割にゆったりとした重みとタメ感があります。
走りに一クラス上の高級感を備えています。
タイヤが大きいグレードの所為か、不正路面を通過するとぶるんと揺れ残りがあるところも、アウトランダーと似ています。
ダウンサイジングターボの効能は確かにあって、低速からの坂道ダッシュも余裕でこなします。
ガンガン飛ばしてもついてくるというプロのコメントも多いので、シャシー性能が高いのでしょう。

良い車だと思いました。
自分にはデザインが若々しすぎ、攻撃的過ぎで目が疲れる・・・というか、合わないキャラクターでした。

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

試乗してみた---アウトランダーPHEV

三菱自動車オフィシャルwebサイトより

G Limited Edition
「残価設定型クレジット スーパーマイカープラン」お支払い例
月々のお支払額 10,700 円 (×48回) 分割払手数料率(実質年率) 2.9 %
メーカー希望小売価格 3,826,440 円
(消費税抜価格 3,543,000円)
60.8 km 充電電力使用時走行距離 [国土交通省審査値]
19.2 km/L ハイブリッド燃料消費率
exterior_01.jpg
exterior_03.jpg
interior_02.jpg
interior_03.jpg
この車、サイズが大き過ぎないところに共感します。最近のSUVは野放図に巨大化してますが、これは抑制が利いています。
全長4690mm。
全幅1800mm。
新しいクラウンも、全国の駐車場の幅を調べて1800に拘ったそうですね。慧眼です。
特に地方では1800以上はキツイです。
さらに4.7メートルに拘ったあたりも、リアルな使用実態を重視して、良心的だと思いました。

三菱車はクルマ自体は真面目なのに、経営陣の愚かさと傲慢さでどれだけブランドイメージを毀損しているか・・・
本当に残念です。

試乗車はマイチェン前のモデルです。
走り出すと電車より静かに、微かにモーター音が聞こえてきます。
全体に上品な振る舞いが、好ましい車です。
タイヤが大きいグレードの所為か、不正路面を通過すると、ぶるんと揺れ残りがあります。
そこだけがちょっと好みから外れます。
しかししっとりとした重みとタメ感のある動きは、今どき珍しい所作で、ここは好みです。
最近は余韻もなく、すっと軽い動きの車が多いですから。

50km位は電気だけで行けるそうです。
自宅で料金の安い夜間充電が出来る場合、ほとんどガソリンは消費しないでしょう。
純粋な電気自動車とは、航続距離が圧倒的に違いますから、その点も安心です。

また災害時など、家庭の電源としての利用も可能です。
ガソリン満タンだと、一般家庭の10日分くらいの電力を供給出来るそうです。

クルマがそんな役割を担える時代になるとは、感慨深いものがあります。('ω')

アウトランダーPHEVは、乗り味は少し古い時代の高級感と、未来的な先進性の同居した車でありました。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
3.11をきっかけにリターンしました
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター