昔のバイクは「立派なもの」だった

某所で見かけたCD125T
F1001870 (640x480)
仕事用なのかなとも思えるけど、ヘルメットやよく手入れされた雰囲気から、ビジネスモデル愛好家のツーリングかも知れない。
(何故ピンク№じゃないんだろう?)

これで125というのは、現代の基準からみると随分贅沢な造りだ。
耐久性を重んじた設計なのだろう。
2気筒でマフラー左右2本出し。125とはそういう立派なクラスだったのだ。

1966年7月に発売になり、2003年まで生き残った。
加速騒音規制に対応できなかったために、息の根を止められた。
それまで生き残っていたのは、ある程度の需要があったのだろう。
また12V化やハロゲンバルブ採用、4速から5速へという改良のみで長年現役でいられたのは、
基本ができた良いバイクだったのだろうと想像される。

1966年というと、私は10歳。
当時はクリーニング屋さんとかが使っていたイメージがある。
現在も、取引先の染み抜き屋さん(70歳位か?)が乗っている。

見るからに座り心地の良さそうなふっかりしたシートを見ると、
このバイクに適当な箱を括り付けて、のんびりツーリングするのも楽しそうだ。
スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

丸広ツーリングクラブ 1982-1983

会社の仲間とツーリングクラブを結成して走り回っていたころの、懐かしい写真を頂きました。
丸広ツーリングクラブ
1982年の初冬かあるいは1983年の早春。伊豆箱根あたりのどこかだったような気がします。

Z400FXとGSX750Skatanaは出たばかりの人気車でした。
YAMAHA XZ400Dはかなりレアなモデル。Vツイン・シャフトドライブのツアラーで、BMW的な良いバイクでした。

当時は第二次バイクブームが始まったあたり。映画「汚れた英雄」なんか観て、その気になってましたね・・・

カタナが私の愛車。
胸がきゅんとしますね~ (*´▽`*)

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

17vs19

バイク初体験は17のときだった。相手は19。HT90。
前輪の径ですので誤解の無いように・・・

当時のフルサイズのオートバイは前輪19in.が主流でした。
友人知人のバイクもほとんどそう。
今のバイクよりゆったりとした挙動で、エンジンレスポンスなど全てが穏やかでした。
GSX750S katanaも初期の19in.でした。

自分の経験は19in.で刷り込まれてますので、リターンしてから初めて乗ったCB750教習車の17in.の挙動には違和感を覚えました。
こんなに重い4発なのに、自ら切れ込むような挙動ってなんか不安。そんなにクイックに曲がろうとしなくていいのに・・・
大型バイクはどっしり構えて、基本立ちが強くて、リヤで曲がるってのが我々世代の乗り方。ハングオフ?なにそれ~
(だいたい昔はハングオンって言ってたのに・・・いつの間にハングオフになったのか)

まあタイヤの進化とともに、乗り方も変わってきたって訳でしょうけど・・・
記憶ではニンジャ900のころから、エンジンが前進して前輪が小径化してきたのかな?

今は前輪19あるいは18って少数派。アドベンチャー系とネオクラ系。
少ない経験ですが、自分には明らかに19or18の方が乗りやすい。
次は17は選ばないかも知れないなと思った次第です。
gsx750s.jpg

CB7502004.jpg

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

インディアンの普及機? スカウト発売

インディアン・モーターサイクル・ジャパンによると「スカウト」なるモデルが141万円(税別)で売り出されるようです。
ハーレーならスポーツスタークラス。

排気量1133㏄。車重253㎏。
最高出力100馬力/8100rpm。97.7NM/5900rpm。と高回転型なのがハーレーと違うところ。
ドライブスプロケ軸・スイングアームピボット・リヤアクスルの位置関係が、一般のバイクと同じで、これもハーレーと一線を隔するところ。地上高が135㎜。バンク角も少し深くて31度。
スペックからみると、ちゃんと走りそう。何より水冷だし。

祖父がインディアンに乗っていたという謂れもあり、欲しいバイクリスト入り。だけど、爺ちゃんごめん、高くて買えんわ。



それにしてもこの質感にしては、意外と安いかも。インディアンは、ハーレーより好きです。おいそれとは手が出ませんが

終のバイク筆頭候補でしょう。
問題は、自分の老後にそんな余裕があるかどうかですね ┐(´-`)┌

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

YAMAHA GX750

昔(1976-1981)GX750と言うバイクがあって、CB750やZ2に戦いを挑みましたが、一敗地に塗れて消えていきました。
あえて3気筒・シャフトドライブという変わったレイアウトをとった、大人っぽいツアラー的性格のマシンで、渋い魅力が好きでした。
Yamaha20GX7502076.jpg
写真は拾い物です GX750画像
YAMAHA 3気筒
この秋に出てくる3気筒のモデルは、文脈が途切れているようなのがもったいないですね。ヨーロッパのメーカーだったら過去の遺産を最大限利用するでしょうに…
あまり売れなかったから、なんて遠慮するこたぁない。3気筒のオリジンはこっちだぞと主張すればいいんです。
このまま出すと、トライアンフやアグスタの真似したみたいに見られてしまう。そういうのが悔しいYAMAHA愛です。(笑)

テーマ : 旧車
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (2)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター