『火花』を読む

家内が買ってきたので、読んでみました。
著者はよくテレビで見ていたのですが、正統派文学青年というか、昔よくいたタイプの文学青年。
こんな人がなぜお笑いの世界に入ったのだろう?と不思議に思いつつ、何となくシンパシーも感じて陰ながら応援する気持ちで見ていました。

文体は抑制が効いていて品があり、好みのタイプです。音読すると淀みなく自然に読める。
多読家ゆえに表現力が確かで、おそらく華麗な文体でも凝った文体でも自在に書けるんでしょう。
それを敢えて抑え目に書いている感じ。『言葉に酔う』のを良しとしない、良心的な表現者です。
表現することにとても誠実な姿勢が感じられます。

内容はネタバレになっては迷惑なのであまり踏み込みませんが、天才的な先輩芸人との交感を瑞々しく描いて、お笑いとは、漫才とは、と深く追及していきます。
この先輩はウケるために、自分の身体に取り返しのつかない改造を加えてしまうような人です。主人公は敬愛と憐憫の情とを抱きつつ、影響されていきます。
が、逆に先輩の方が恐るべき才能の後輩に影響され、追い詰められているようにも見えました。

又吉氏は太宰治に傾倒したと言ってます。
思春期に本を読み始めた人は、かなりの割合で太宰の影響を受けているのではないでしょうか。
『太宰とはハシカのようなものである』などという人もあります。私もその一人で大いに影響を受け、思春期には自分を甘やかすのがカッコよく見えたりして、一時怠惰なナルシストの生活に溺れました。
社会人になって間違いに気づいてハシカが治る訳ですが、それが正しかったとしても面白い人生とは言えません。
仕方のないことですが。

氏は青春の蹉跌を描きながらも感傷に陥らず、真摯な態度で追及し続けます。そこが私のような凡百の太宰ファンとの違いでしょうか。

『火花』を読んで、20代のころの悩みや夢や友人たちとの交感を、懐かしく思い出しました。
スポンサーサイト

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

100分で名著『荘子』に共感する

『100分で名著』は好きな番組です。
今回の『荘子』は興味深く、また共感できるところが沢山ありました。
思想書というと、古今東西堅苦しい文体のものが多いようですが、『荘子』はエピソード集の体裁をとっています。
具体的な登場人物の行動を見て判断しろということで、言葉には普遍性が無いという前提が、私には大いに腑に落ちるものがありました。
またゲスト講師の玄侑宗久氏の解説が、非常に良かった。また「万物斉道」という思想に至る展開を、順序を前後に入れ替えた構成で解りやすくしたのは親切だった。
彼は実は高校の同窓生で学年も一緒。芥川賞を獲った直後は、言ってる事にあまり共感できなかったのですが、こちらが成長したのか?今回はとてもいい解説だったなと感じました。

ちょっと前に同番組で観た『ブッダ 最後の言葉』の回では、とうとう最後まで共感できず、仏教とお別れを決意しました。
とても残念な悲しい気持ちになりましたが、自分の分相応な思想を見つけられればそれでいいのだ、と気が付きました。

若いときの理解力や集中力、知りたいというエネルギーも薄れ、残された時間はあまりないのでw、理解するために四苦八苦する気になれないのです。
直観的に素直に共感できるところへ近づいていく、それでいいのかな~と思いました。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

折口信夫『死者の書』を読む

折口信夫。名前は知っていたが、読んだことは無かった。
いったい何なんだこの人は!
過去に読んだ本のなかで、最も強烈な印象を残した一冊になりました。

折口信夫はジャンル横断の知識人ですが、普通とちょっと違う。
頭の良い人が勉強してその時代の最先端の学問と思想(古くは中国、近代から西洋の)をいち早く理解して日本に布教する式の知識人ではない。
日本人の魂を伝えるために神に遣わされたんじゃないか?
と思えるような、不思議な知性です。

凄いものに出会ってしまった。これから腹を据えて、じっくり読み込んで行こうと思います。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

『鹿の王』を売る

オークションとか面倒なので、ブックオフで売りました。各150円。上下巻で300円也。

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

『鹿の王』を読む

あけましておめでとうございます

年末年始のまとまった休みに、久々に読書でもしようかと思い立ちました。
そこで、たまたまラジオで高橋源一郎氏が絶賛していたのを聴いて、『鹿の王』上下巻を奮発しました。

感想は、と言いますと・・・
自分の読書歴がかなり昔に中断してしまってから、表現スタイルが随分かわったようです。
『日本語どうなってる?』ってのが第一印象。作者は同世代のはずだが・・・、30代位までの若い人の様な言葉遣い。独特な造語。
昔は、小説にはここまでくだけた表現をしなかったと記憶しています。敢えてやってるんでしょうか?
ま、わたしが浦島太郎なんでしょうね、きっと。

ネガティブな感想を先に述べましたが、堂々たる作品で別段ケチをつけるようなところはありません。

作者の上橋菜穂子さんは押しも押されぬ大家です。文化人類学専攻の学者でもあります。
なるほど、そういう内容の、とても凝ったプロットの作品でした。よくできたエンターテイメント。すぐにも映画化できそう。ロールプレイングゲーム的展開が、今風といいましょうか。
文化人類学的な視点からの人間賛歌があり、この作品に深みを与えているように感じました。

大学で講師をされているらしいので、若い人向けの言葉遣いが身についているのかも知れません。

収穫だったのは、この『鹿の王』に触れたことでまた読書熱が再発したことです。
次は鈴木大拙でもw読んでみようかなと思っています。

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (2)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター