Come back SEROW.

生産終了のニュースを見て寂しさを感じていましたが、平成28年規制をクリアして復活するそうですね。
2017-09-08 (640x477)
YAMAHA SEROW Owner's Photo

思えばこんなにツーリング向きのバイクは貴重で、いつでも買えると思っていた時は安心しきっていましたが、いざ消えると聞いて心穏やかではいられませんでした。

セローは少し古いが信頼性抜群のコンポーネントの集合体。
そのバランスが絶妙で、乗りやすく扱いやすく、デザインも優れて大人の所有欲も満たしてくれました。
他に代えがたい独自のキャラクターが、多くの人に愛されました。
ロングセラーならではの安心感に満ち溢れ、『終のバイク』最有力候補の一つでありました。

願わくば、セローならではの良さが失われませんように(-人-)
スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

初めてのバイク選び---SUZUKI ジクサー

SUZUKI ジクサーを見て、高校生の頃のことを思い出しました。

で、「終のバイク探し」のカテゴリに入れました。
「釣りはフナに始まりフナに終わる」のと似ている気がしまして・・・

価格


続きを読む

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

レトロスクランブラーの賑わいに思うこと

トライアンフのストリートスクランブラー
streetスクランブラー
渋くてカッコよくて懐かしい。オヤジたちをキュン死させる魅力的デザインですね~

続きを読む

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

V-Strom250

V-Strom250が出たら、終のバイクに丁度いいだろうと思ってました。

中身はほぼGSR250Sのようです。
タイヤサイズや銘柄に変更はなく、シート高も同じなのでサスペンションストロークもそのままかと。
GSR250シリーズははすべて前120mm後125mm。
アドベンチャーとしては少ないようですが、400Xが120/105ですから、
舗装路メインのアルプスローダーとしては十分という判断なのでしょう。

GSR250Sとの比較では
車重が188kg→192kg
燃料タンク13litre→17litre
4kg増えた車重の大半は燃料分です。

GSR250Sは静かで滑らかで長距離に強いキャラクターですが、さらに磨きがかかってるんだろうと想像されます。
因みにハイオクにしてからは力不足も感じなくなりました。
燃費が32~36位ですから、17litreタンクだと5~600km無給油でいけることになりますね。 Σ(・∀・;)

日本での発売はあるのか?250Sが生産終了したのは、このV-Strom250との入れ替えのためかと期待できます。
もう少し早く出てくれたらこちらを選んでいたでしょうが、買い替えするほどではありません。
中身が同じ気がするので・・・

それにしてもGSRの妙なデザインからみたら、隔世の感ですね。

テーマ : 自動車、バイク
ジャンル : 車・バイク

NC750 vs MT-07 vs SV650

自分のバイクライフのタイミングでは、残念ながら縁のない3車ではありますが、いずれも魅力的ですね。

20160219_NC750S_DCT_ABS_019H.jpg
NCに乗るとしたらおそらくDCTを選ぶでしょう。
身内にNC750Xというライバルがいるので迷うでしょうが、小柄でとっつきやすいところは捨てがたいですね。
大きめのスクリーンとパニアを付ければ、長距離ツーリングもこなせるでしょう。
ハーレーやBMWのような、低重心の挙動にも興味津々です。

2015-Yamaha-MT-07-EU-Extreme-Yellow-Studio-002.jpg
若々しいMT-07は終のバイクって感じではありません。が、軽くて扱いやすそうだし、間違いなく良いバイクです。
黄色い塗色は日本にはありませんが、塗装でイメチェンしたくなります。

sv650al6_yvz_rightside_4c.jpg
SV650はスズキらしく、質実剛健、真面目な造りが好ましいですね。結局これが一番好きですね。
やはり鈴菌感染者ですからね~(*´▽`*)

もし自分で乗るなら
sv650_a_l7_accessory-crop-u11898.jpg
ちょいカスタム風味でこれ。アンダーカウルはいらないけど・・・

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (2)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター