FC2ブログ

バイクは体重の3倍まで?

バイクは体重の3倍までが乗りやすいという説があるようです。某メーカー勤務の方が雑談でそのようなことを。
昔バイク雑誌で読んだ記憶では、2.5倍までという知見もありましたが。

今65kgなので195kgまでということになります。
わがGSR250Sは188kgですから条件を満たしてますが、もうちょっと軽ければ・・・というシーンは結構あります。
2.5倍だと162.5kg。160というとかなり軽いバイクで、選択肢は大幅に狭まります。
私は20代の時に54kgで、装備240kgオーバーの750カタナで毎日通勤していましたが、特に億劫に感じたことはありませんでした。
そのバイクの重心やシート高によっても扱いやすさは変わってきますし、年齢や筋力にもよります。
ただ乗るだけなら、いまでも5倍だって行けるでしょう。

とは言え、2.5~3倍というのは、大体的を得ているように思われます。
年齢的に筋力も体力も落ちた自分には、2.5倍くらいが尚好ましい。
そんな気がしています。

srx400-02_convert_20130309163856.jpg

2018-Husqvarna-Vitpilen-701-59.jpg

20180301143300.jpg

26863_Svartpilen-401.jpg



スポンサーサイト

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

終のバイクをBMWから選ぶとしたら・・・

オヤジたちが飲み屋で、こんなお題で盛り上がってたという体で(^_^;)
P90202979-highRes-640x480.jpg

続きを読む

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

CBって良いよね~ ---CB650F---

ノア セレンさん、常々いい青年だなと感じていました。これを読んでさらに尊敬すべき人物だと再認識しました。
比べない。競わない。

V-Strom650を長く愛用されているのは有名ですね。CB650Fは一年乗る予定とのこと。長期テストでしょうか?

CB650F

main-04.png


正直なところ全く興味のないモデルだったのですが、記事を読んで認識を新たにしました。
これは終のバイク候補になりえます。
『CB400SFの600cc版があれば良いのに、という声はずっと聞かれてきた。・・・・・・それへの答えがこのCB650だと思う。』
記事の中で述べられたCB400SFに関する見解は、正に私が感じていた事です。
そのオルタナティブがCB650Fだというのなら、それは気にならない筈がありません。

今の時代4気筒は贅沢なものになってしまいました。
嘗ては日本の全メーカーが250まで4気筒をラインナップしていたのに・・・

ミドルの4気筒。昔のCB500/550を思い出します。
CB650F、レンタルバイクにあったら、是非乗ってみたいものです。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

こんな夢を見た

こんな夢を見た。

何でも、新しいバイクを買ったらしい。
そのバイクはミドルアドベンチャーのようだが現実にはないモデルで、
どうもYAMAHA T7に近いけれども、セローのような優しいデザインで色は赤だった。

私は有頂天で、初乗りに出かけるところだった。
そこは何故かアメリカのR66のような景色で、砂漠というより土漠のようなところを広い一本道が通っている。
その道を勇んで走り出した。

程なく道路が冠水しているところに出くわした。
殆ど平らな道なので深さは10㎝くらい、20㎝はいかないだろうと思われた。
こんなことでは怯まないアドベンチャーモデルであるから、私は臆せず進んでいった。
するとあろうことか道路に大穴があいていたらしく、バイクと私は深い水の中に落ちてしまった。

黒い水の中にメーターのインジケーターランプが見えた。
私はとっさにキルスイッチを切ったが、エンジンが止まったのはウォーターハンマーの所為かも知れないことを恐れた。
仕方がない、車両保険は入っているので修理すればいいだけの話だ。
そんなことを考えながら、沈んでいくバイクを見ていた。
しかしバイクは何故かどんどん沈んでゆき、見えなくなってしまった。

私はそこで目覚めた。
少し暑かったのか、汗ばみ、息が荒かった。具合が悪かったのかも知れない。
体調の所為で悪夢を見たのだと、納得しようとした。

しかし一息ついて夢を反芻しているうちに、結構いい夢だったとも思えてきた。
自分が無意識に欲しているのは、セローのようなデザインの赤いミドルアドベンチャーだったのか。
それが妙に面白く感じられた。
夢の中ですら失ってしまったけど、まだ見ぬバイクに出会えてよかったのかも知れないと。

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

Come back SEROW.

生産終了のニュースを見て寂しさを感じていましたが、平成28年規制をクリアして復活するそうですね。
2017-09-08 (640x477)
YAMAHA SEROW Owner's Photo

思えばこんなにツーリング向きのバイクは貴重で、いつでも買えると思っていた時は安心しきっていましたが、いざ消えると聞いて心穏やかではいられませんでした。

セローは少し古いが信頼性抜群のコンポーネントの集合体。
そのバランスが絶妙で、乗りやすく扱いやすく、デザインも優れて大人の所有欲も満たしてくれました。
他に代えがたい独自のキャラクターが、多くの人に愛されました。
ロングセラーならではの安心感に満ち溢れ、『終のバイク』最有力候補の一つでありました。

願わくば、セローならではの良さが失われませんように(-人-)

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
26年ぶりのリターンライダー
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター