FC2ブログ

クルマのサイズ

先進国向けのTNGA、途上国向けのDNGA。
クルマに詳しい人ならああそうねとなりますが、なんのこっちゃと思う方も多いでしょう。
トヨタニューグローバルアーキテクチャ
ダイハツニューグローバルアーキテクチャ
車造りの基本骨格や土台のようなものですが、これを車種ごとや輸出相手国に合わせてバラバラに造るのは大変だし金もかかるので、世界共通の土台を大中小用意して、それをやりくりして沢山の車種に展開すればいいもの安く造れる道理。
最新のタントが良い訳は、ガラパゴス軽じゃなくて世界展開の小型車と共通になったから。

一番売れる中国とアメリカは道が広いので車は大きい方が良い。景色の所為もあり、幅が狭いと貧相に見えるそうな。
日本は狭いから小さい方が良い。
ヨーロッパは今までは小さかったのに近年急に大きくなってきました。衝突安全性能の確保には大きさが効くので仕方がないにしても、それだけじゃない大型化。
訊くところによるとヨーロッパの旧市内はほぼ一方通行化されたので、今までのように車の幅を狭くする必要が無くなり、売れるマーケットでの見栄えを優先するようになったためとか。

ヤリスの海外用は1700mmオーバーの3ナンバーです。カローラは1800mm。
このまま日本に持ってくるのはちと大き過ぎなんじゃ?と言うことでわざわざ幅を50mmくらい詰めています。
因みにスイフトも海外用とは幅が違いますね。
ロッキーとライズは途上国向けのDNGAだから最初から小さく出来ていて、その割に室内も荷室も広くて実用的。
SUVならではの車高の高さから実際より大きく見え、クラスレスなのに価格が抑えられている。売れるのも当然です。

こと車幅に関しては、日本では1800mmと言うのが実用上の上限なんじゃなかろうかと思います。
立体駐車場対応で高さ1550mm、全長4500mm。これ位だとどんなシチュエーションでも大体大丈夫。
MX30なんかは実に良いサイズです。

今度買う車はこれより大きいので、そこが若干気懸りです。
スポンサーサイト



テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

次の車

長らく車を持たずに来ました。
自営業なので仕事で使う車はあるのですが、プライベートカーは久しく買ってません。

色々考えた末、条件に合う車を中古で買うことにしました。
いま探してもらってます。

条件とは
4WDであること。
幅が1800mm以内であること。
ハイブリッド車であること。
自動ブレーキとACCがついていること。
着物でも乗り降りがしやすいこと。
最小回転半径が5.4m以内であること。

条件に合えば車種は問わないという訳では無くて、じつは車種も色も指定しています。
楽しみです。

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

REBLE250はSR400のオルタナティブなのかも

今更ですが、2019年の国内販売台数でREBLE250が2位以下を大きく引き離して断トツのトップなんですね。
(126以上の内外のすべての車種で)
何故そんなに強いのか?
何といってもデザインが一番の理由だと思いますが、車検が無いとか値ごろだとかシートが低くてコンパクトで初心者も安心だとか女性に受けたとかシンプルでカスタムも楽しめるとか、とにかく総合力がとても高いですね。
ホンダらしくそつのない高品質なハードウェアを持ちつつも、肩の力の抜けたカジュアルな雰囲気や楽し気なキャラクターが、多くの人に支持されたんでしょうね。
何となくSR400と似たような存在になってきた気がします。
誰もがイメージするザ・オートバイ。
初めてのバイクでも終のバイクでも、きっと愛着を持てる1台になるんじゃないでしょうか。

不思議なことにREBLE500は、割高に感じるのかはたまた免許制度や車検制度上の不利か、日本ではあまり売れていません。
もし自分がこれからバイクを買うんだったら250か500か迷いますね。
どちらにせよREBLEを選ぶだろうと思いますが。
2017-Honda-Rebel-500-300-lifestyle-23.jpg



テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

新しいレブルが良い感じ♡

あんまり細かいことは言う必要もない、信頼のホンダだから。
直感で選んで間違いないでしょう!カジュアルな脱力系かつオールマイティー!
なんか良いね~


テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

茶道の勧め-----戦国武将はなぜ茶道を愛好したのか?

戦国武将に愛好された茶道。
常に戦場で生死の危険に身をさらし、平時には権謀術数に神経をすり減らす。
究極のストレスに耐えなければならない戦国武将たちに愛好された茶道。
なぜ彼らは茶道を愛好したのか?

ここでいう茶道とは、村田珠光--武野紹鴎--千利休と続いた「侘茶」のことです。
千利休は茶道の神髄を「和敬清寂」という四語で表しました。茶の湯と言う遊芸の世界から精神性を重んじる茶道へ。

茶道は一言で言って総合芸術であり、日常生活を美意識で律する思想でもあります。
歴史、文学、生け花、禅の教え、建築や衣食住に至るまで。あらゆる知識と教養が試される。
またそれ以上に、人間性が露にされる舞台装置でもあります。

敵同士の大名たちが利休の造った狭い茶室に入るときには、刀を外して丸腰にならなければなりません。
その狭い空間でともに飲食し、同じ茶碗で茶を飲み、数時間ともに過ごします。
そこではいかに取り繕っても本心も人間性も丸裸になってしまいます。
それほど濃密なコミュニケーションの場であり、平和的な和合を目指す茶の思想を共有する場なのです。

勿論これを、政治利用する権力者のための舞台装置とみる人もおいでですが、それだけなら戦国時代の終わりとともに茶道も廃れてしまったでしょう。

そんな思想的な面だけでなく、実際的な効能としての茶道の良さもあります。
先ず抹茶にはミネラルが豊富で、健康に良い。
身体的修練を伴い、集中力を鍛えられる。実際点前の稽古に集中している時間はとても良いリフレッシュになります。
墨蹟や茶道具に興味をもち、美術館巡りや茶室探訪など、文化的な趣味が広がる。
長年修業を積んだ師に導いてもらえる。
新しい友達に出会う。

昨日、世界的な幼児化のことを書きました。
その対極の世界の一つが、茶道だと思います。
IMG_0099 (1280x853)
検索フォーム
アルバム
最新記事
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
DIY (3)
最新コメント
リンク
プロフィール

motoマジマン

Author:motoマジマン
From福島県郡山市
3.11をきっかけにリターンしました
バイクや車の話が好きなんです

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター